【ヘッドホン】B&O PLAY 『BeoPlay H8』 レビューチェック

BeoPlay_H8_01.jpg


2015年3月に発売されたB&O PLAYのヘッドホン「BeoPlay H8」。
音響機器メーカーとして名高いBang&OlufsenのカジュアルブランドであるB&O PLAY。これはそのブランド名義でBluetoothヘッドホン第一号となるハイエンドモデル。ノイズキャンセリング機能搭載や高級感あふれるデザインを特徴としていますが、簡潔にチェックしてみます。

Beoplay H8 | KANJITSU DENKI CO.,LTD.
http://kanjitsu.com/beoplay-product/beoplay-h8





Banner_01.png



BeoPlay_H8_02.jpg



BeoPlay_H8_03.jpg



BeoPlay_H8_04.jpg



BeoPlay_H8_05.jpg



BeoPlay_H8_06.jpg



BeoPlay_H8_07.jpg



BeoPlay_H8_08.jpg



BeoPlay_H8_09.jpg



BeoPlay_H8_10.jpg



BeoPlay_H8_11.jpg



BeoPlay_H8_12.jpg
(via DGtle/pconline)





Banner_06.png


[#1]
B&O play、アルミハウジングのBluetooth/NCヘッドフォン「H8」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150306_691499.html



[#2]
H8国内発表
499ユーロ=$499=税込49,900円と考えると今が買い時かね



[#3]
BTヘッドホン最近良く見かけるけど
バッテリーってどれくらいもつもんなんかな。
前に耳掛け式のBTヘッドセット使ってたけど
一年くらいでバッテリーへたって、いくら充電しても10分しか使えなくなった…。
H8欲しいけど2.3年しかもたないとかだとちょっと躊躇するなぁ。



[#4]
>>#3
h8は交換可能だよ
どんなバッテリーでいつまで売るつもりなのかはわからないけど



[#5]
>>#4
バッテリーはヨーロッパ向けオンライン販売ページには普通に有りますね
因みに唯一バッテリーは日本製ですね
http://www.beoplay.com/accessories/h8



[#6]
h8買ったが、側圧強いなー
やはり頭が小さい白人向けなのか…
音は好み。低音強め。Bluetoothも問題なし。



[#7]
H8のカラバリまだぁ?
H6と同じで良かったのに。



[#8]
B&Oにもとうとう円安の余波がきたか



[#9]
一番高いH8が値上げされてるのがいたい。
税込み5万超えちゃう。



[#10]
俺自身は無くしてしまったparrot zik2.0を買い直すか、H8を買うかで迷ってる。



[#11]
H8昨日アマゾンから届いた。
ラムスキンのイア-パッドのフィット感はgood
しかしタッチパネルの反応が鈍い、parrotのほうが操作性は良い
ちなみに7/9 \43877(税込み)の価格だったのでポチってしまった
今の価格なら買わない。



[#12]
H8買ったけど、NC入れると一気に空間が狭くなって音が痩せるね
ライブものなんかの拍手なんかだと顕著なんだけどOFFが豪雨だとしたら
ONだと軒先のプラスチックの雨よけに当たってるみたいな高くて細い音になっちゃう
高域が奥まって中低域がごっそり抜けて音が耳元だけで鳴ってる感じ



[#13]
BeoplayH8買った人いる?
parrotzik2.0より良いならパロットは知り合いにあげてこれ買いたいんだが。



[#14]
>>#13
店頭で試した範囲だとzik2.0より高音も低音も広くて
NCも強かったし悪くなさそうだったよ
ただ店頭だったからバックグラウンドノイズの量はよーわからんかった
それとオンイヤーだから長時間視聴してたら耳が痛くなるかも



[#15]
H8は少し高すぎてコスパ悪いけど音は悪くない






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 4.0、プロファイル:AD2P/AVRCP/HFP/HSP/SPP、コーデック:aptX/AAC/SBC、ドライバーユニット:40mm径、再生周波数帯域 :20Hz - 22kHz、連続再生時間:14時間(NCオン)/16時間(NCオフ)、充電時間:3時間、重量:255g、という仕様。2ヶ所の内蔵マイクで騒音を検知し低減させるアクティブノイズキャンセリング機能、高純度アルミニウム製のハウジング、そのハウジング部に搭載されたタッチセンサーコントロール、ラムスキン素材のイヤーパッド、カウスキン素材のヘッドバンド、マルチポイント・マルチペアリング対応、などが特徴。カラーはARGILLA BRIGHT・GRAY HAZELの2色。ブログでレビューしている人(Sandal Audio)はお一人いましたが、性能もデザインも価格に見合った出来になっているとのこと。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。このクラスになると良くて当たり前という基準で見られるのか、評価は少し厳しい目で付けられている内容。Parrotの「Parrot Zik 2.0」(AA)が比較対象として挙がっており、音質やノイズキャンセリング機能はこちらの方がいい感じ、でもタッチセンサーコントロールの操作性は劣るとのこと。Bluetoothヘッドホンの中では価格的にも最高峰と言える存在ですが、今の価格なら買わないという声があるように途中で値上げが行われてさらに高額になったので、予算に糸目を付けない人やメーカー&ブランドがよっぽど好きな人でないと選択肢に入らないかもしれませんね。「BeoPlay H8」は現在60,000円前後で販売されています。







  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09