【キーボード】Matias 『Matias Ergo Pro for Win』 画像など

Matias_Ergo_Pro_20.jpg


2015年6月に発売されたMatiasのキーボード「Matias Ergo Pro for Win」。
名の知れたメーカーの製品では初登場となる左右分離型のエルゴノミクス・メカニカルキーボード。これまでプレオーダーの形でしか販売されていませんでしたが、日本ではダイヤテックが取り扱いを開始した模様。ちょっと見てみます。

ダイヤテック・製品情報 - Matias Ergo Pro for Win
http://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=1913






Matias_Ergo_Pro_21.jpg



Matias_Ergo_Pro_22.jpg



Matias_Ergo_Pro_23.jpg



Matias_Ergo_Pro_24.jpg



Matias_Ergo_Pro_25.jpg



Matias_Ergo_Pro_26.jpg



Matias_Ergo_Pro_27.jpg



Matias_Ergo_Pro_28.jpg



Matias_Ergo_Pro_29.jpg
(via photobucket)

キースイッチ:Matiasオリジナル静音(ALPS互換)、キーストローク:3.5mm、押下圧:60±5gf、キーレイアウト:英語配列/Windows、サイズ:幅368奥行き165高さ35mm、重量:1.69kg、という仕様。キーボード間は付属の巻き取り式ブリッジケーブルを使用し、PCとの接続はUSBケーブル(1m/2mの2種類付属)を使用。パームレストは着脱式で、高さ・角度のセッティングができるようスタンドも搭載。背面にはUSB 2.0ハブを3基装備。価格は現在25,800円で販売中。

メカニカルキーボードとしては高額の部類に入るものですが、北米での価格は200ドルなので為替相場から考えると日本の価格は妥当と言えば妥当。あと、画像で一緒に並んでいる同じ分離型の「ErgoDox」や「Diverge Keyboard」は日本から手に入れるとなるとこれ以上の費用&手間がかかりそうなので、入手のしやすさは何気に高ポイント。っていうか公式サイト以外で購入できるところは、世界視野で見ても(この時点で)ダイヤテックだけだったりします。

<関連記事>
【キーボード】Matias 『Matias Ergo Pro』 レビューチェック

http://watchmono.com/blog-entry-5856.html







  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09