『dhb R2.0C Carbon (2015)』 レビュー ~割安なカーボンソール採用サイクリングシューズ~

dhb_R20C_01.jpg


Wiggleで販売されているdhbのサイクリングシューズ「dhb R2.0C Carbon (2015)」。
カーボンソール採用、ベルクロ&バックル固定式の作りになっているロードバイク用サイクリングシューズ。
これは2015年モデルとして最近発売されたもの、内容的に好みだったので購入。下位の「dhb R1.0」から
乗り換えですが、そのあたりも含めてざっとレビューしてみます。

格安サイクリングシューズ『dhb - R1.0』を買ってみた
http://watchmono.com/blog-entry-4663.html






dhb_R20C_02.jpg



dhb_R20C_03.jpg



dhb_R20C_04.jpg



dhb_R20C_05.jpg



dhb_R20C_06.jpg



dhb_R20C_07.jpg


この「dhb R2.0C Carbon」は結構前から展開しているサイクリングシューズで、旧モデルは2014年半ばに
販売終了となっていましたが、リニューアルする形で新たに登場。新旧で材質・作りに変更があったのか
は不明。カラーは1色展開になり、以前より無難でスッキリした感じのホワイト×ブラック。自分が選んだ
サイズは41。足の寸法は実測で足長:約25cm/足囲:約10.5cm、このサイズはギリギリと言えるジャスト
フィットな履き心地。続いて各部を見ていく事に・・・・。






dhb_R20C_08.jpg


材質は合成皮革とメッシュの組み合わせ。下位モデルよりもいい素材が使われている模様。メッシュの
面積は多くないので、激しく暑いシーズンにはちょっとつらいかもしれない。






dhb_R20C_09.jpg


ベルクロは一見下位モデルと同じ作りに見える。でも実際は薄くなっていて装着感とホールド感が向上
している印象。






dhb_R20C_10.jpg


バックルが備わるベルト部にはdhbの大きなロゴが入っている。ちなみにシューズの所々に入っている
銀色の部分は全て反射素材になっています。






dhb_R20C_11.jpg


バックルはレバーでカチカチっと進めていき、中央のスイッチで戻す至ってスタンダードなタイプ。少し
慣れれば乗っている時でも容易に調整できるでしょう。






dhb_R20C_12.jpg


内部は全体的にブラックのメッシュ生地になっている。なんというか普通の作りです。






dhb_R20C_13.jpg


ヒールカウンターの部分はプロテクターが施されている。結構硬めでここもホールド感を向上させるのに
一役買っている印象。材質的に小傷が付きやすそうなのは欠点になるかもしれない。






dhb_R20C_14.jpg


裏面のカーボンソールは100%カーボン素材と謳っていて、実際に見ると確かに100%だなーとわかる。
クリートを取り付ける穴の周りには目盛りが施されています。






dhb_R20C_15.jpg


アウトソールの前後にはヒールというか出っ張りがありますが、下位モデルみたいに歩く事を想定した
作りではないので硬く、地面についたら擦り傷は避けられないでしょう。ロードバイク専用と言えるもの
は大体そういう作りだと思いますけど。






dhb_R20C_16.jpg


インナーソールは特に語る事もない普通のやつ。下位と同じものが使われていています。






dhb_R20C_17.jpg


実重量を量ってみると約310g。実は下位モデルより重たかったりする。一般的にはカーボン=軽量の
イメージがどうしてもありますが、他のパーツが影響しているのか、これには該当しないようで。






dhb_R20C_18.jpg


数回使ってみての感想を述べると、下位モデルより重量があっても実際に履いてみると軽快感はむしろ
こちらの方が良好。ベルトや色々な部分が薄くなっていたりプロテクターが施されていたりするおかげか
フィット感もGood。一言でまとめれば競技向けの仕上がりになっている。そしてカーボンソールは使用感
が硬いと聞いていましたが、まぁ確かにそんな感じですかね。とりあえずペダルに伝わる力がダイレクト
になったというか、ペダリングにロスがなくなったのは実感できます。個人的にカーボンソール、好印象。






dhb_R20C_19.jpg


最後にまとめる形で感想を。下位モデルを買う時にこちらが出ていれば、間違いなくこちらの方を選んで
いただろうなぁ・・・・というのが本音。格安だったりと下位は下位で良いところもありますが、スピードを
求めるスタイルでロードバイクを乗るのであれば、身につけるウェア類もやっぱり相応の装備で揃えた方
がいいと、何か買うごとに思ったりする。このシューズが相応の装備として成り立つかと言えば成り立つ
でしょう(2万3万する他社モデルに太刀打ちできるとかじゃなくて、通用するかしないかの意味で)。

「dhb R2.0C Carbon (2015)」の価格は定価で現在9,812円。同じくらいでシマノの「SH-R088W」(AA)が
買えたりしますが、他社のモデルでカーボンソール採用となると処分品でもない限り安くても20,000円
前後が相場だと思いますし、10,000円以内の価格でカーボンソール採用というのは何気にすごい仕様
ではないかと。自分はプロロードレースで最近使用率が高いホワイトのシューズが欲しかったのもあり
この価格この出来は非常に満足。予算的にこの価格帯が上限という人には大いに推奨したいです。




100 percent Carbon Fibre composite sole
dhb



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09