【トラックボール】サンワサプライ 『MA-WTB43』 レビューチェック

MA-WTB43_01.jpg


2014年12月に発売されたサンワサプライのトラックボール「MA-WTB43」。
ボールの動きに合わせてカウント数=解像度を自動で調整する機能を搭載したワイヤレストラックボール。
エレコムの「M-XT1DRBK」に続く日本メーカー産の新型という事で、こちらも界隈で注目されていましたが
簡潔にチェックしてみます。

MA-WTB43BK【ワイヤレスレーザートラックボール】 - サンワサプライ株式会社
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=MA-WTB43BK





Banner_01.png



MA-WTB43_02.jpg



MA-WTB43_03.jpg



MA-WTB43_04.jpg



MA-WTB43_05.jpg



MA-WTB43_06.jpg
(via imgur)





Banner_06.png


[#1]
おいw サンワまで新製品出してきたぞwww 12月中旬だってさw
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=MA-WTB43R



[#2]
カーソルの自動調整機能がすごく足を引っ張りそうw



[#3]
説明書によるとボール直径34mm
400カウントでない場合は自動調整あり、特に調整オフについての記載なし



[#4]
従来のサンワの親指型はやたら巨大で論外な製品だったが
今回のはM570並になってるし
見た目から想像するにエレコムのような窮屈さもなさそうだ。



[#5]
MA-WTB43購入。
とりあえず、初期不良…。ボールが筐体の縁に当たって、ガリガリして
数分使うと、削りカスが溜まってくる。当然、ポインタはまともに動かない。
しばらくすれば削れて慣れるかと思ったけど、ボールにも線が入りそうで
販売店で交換してもらった。その場で確認した2台目は問題なし。

形状は、TB-39より、エレコムのに近い。
自分は手が小さいせいか、M570もエレコムのも、どう頑張っても
手が痛くなってしまったので、今回のも不安ではあるが、まあダメだったら
TB-39に戻ればいいやで、しばらく試してみる。

後、マウスカーソルの自動調整は現時点(まだ1時間程度)では、ちょっと
慣れない。エレコムのみたく、ボタンを押す必要が無いけど、逆に、別段
遅くなって欲しくない状況も遅くなるのがストレス。結局カウント400にして
コンパネで速さ調整して使ってる。



[#6]
>>#5
玉はパターン印刷? それともラメ?



[#7]
>>#6
ラメ。エレコムみたいなボールが原因のポインタの飛びは無さそう。



[#8]
>>#7
ボールはM570なんかとサイズ同じで交換いける?



[#9]
>>#8
M570と同じサイズ。
ただ、自分はもう削れるのがイヤなので取り付けてないけど
並べてみて同じ感じ。



[#10]
暫く試した感じ自分も400以外の常用は無理ぽ
M570、M-XT1DR、MA-WTB43と新しいほど難がある気がするw



[#11]
早速サンワをバラしてみた
メインスイッチはD2FC-3M、進む戻るもそれぞれマイクロスイッチ
感度変更とホイール押下もD2系より一回り小さいマイクロスイッチ
ホイールはチルト機能があって左右倒せる、ここはタクトスイッチ
ホイールはエレコムに似た機械式だけどはるかにしっかりしてる

カバーと基盤の造りからエレコムと同じトコが作ってるっぽいが
中身はサンワの勝ち、だけどガワはバリがひどい
どこに両社がカネをかけたかよくわかる気がする
とりま規格が合う4つのスイッチだけ国産化してくる
ついでにカバーのバリ取り



[#12]
ロジ
 使用期間が長くなるとかなりの高確率でチャタる
 ホイールクリック固すぎ

エレコム
 左右ともにクリック押しっぱなしになること多数
 ちなみに低カウント使用のせいか俺のはポインタ飛ぶ症状が重症ではない

そんな不満がなくなればとサンワを買ってみた

サンワ
 ホイール押せる
 (今のところ)クリック押しっぱなしにならない
 400カウント固定使用しかしてないがポインタは飛ばない

手になじむほど使っていない時点での感想だが
俺にとってはサンワが一番不満が少ないかもしれん



[#13]
MA-WTB43のマウスカーソルの調整機能は、コンパネの
「ポインタの精度を高める」チェックボックスを外すと良い感じに動く。
自分はマウスと併用しているので、チェックボックスを外すと困るけど。



[#14]
サンワの新型買ったけど最悪だわ。
例のポインタ自動調整は公開情報とは違って400でも有効になってるらしく
無効にできない。玉動かすスピードとどれくらい遅くなるかを常に意識して
使うしかなく、あまりに感覚違いすぎてM570からの乗り換えは諦めた。

あと、ちょっと速めに動かしたら明後日の方向にカーソルが飛ぶし
デュアルモニタでは使い物にならない。
さらにカーソルの遅延が激しすぎでワンテンポ遅れてついてくる感じ。
ボールは素手では外せないし、筐体のエッジは尖っていて痛いし
造りの悪さが目立つ。サンワなんかに期待するのが間違いだった。



[#15]
ポインタ自動調整についてはサンワに電話で問い合わせてみた
400でも自動調整が有効になってる事の確認と解消するドライバ類を出さないのかと
一応明日担当者が電話をくれることになった



[#16]
サンワの中の人からさっきTELがあった
確認したけど400dpiの時は自動調整機能は働いていない 
つまり俺や>>#14の錯覚だったって事 スレを騒がせてすまんの

3機種ともにバラしたりいろいろやってみたが
今のところサンワが一番使い勝手に優れている



[#17]
エレコムとサンワのってどっちがマシ?
どっちも現物見れねぇ。



[#18]
>>#17
M570の球を流用する前提だけど私ならエレコムにするかな
サンワサプライのはカウントの自動切り替えが怪しすぎてイライラする
でも何を買うかと聞かれたらM570t



[#19]
サンワの分解した時の写真あげておくね
サンワはカーソルが意に添わない時点でトラボ失格なんだけど
ホイールだけはピカイチなんだよ
基盤に直付けしてあるホイルユニットごとエレコムに移植できれば
随分とデキの良いトラックボールになるのだけれどまたバラすのが面倒、、

あ、一応誤解なきよう写真説明
マイクロスイッチは4箇所国産に換装済み
ホイルのエンコーダはTTC チルト機能はもちろん付いてる

レーザーの読み取りが悪いのかソフトの問題か
とりあえずカーソルで小さい円をきちんと描けない時点で
クソクソあんクソの出来栄え
MA-WTB43_07.jpg MA-WTB43_08.jpg



[#20]
俺もさっきサンワの届いたが、表面がツルっとしてて
手汗の多い俺にはベタついてダメだわ・・
エレコムの方は手汗対策されてて表面がザラザラしてる感じでサラサラしてる
あとサンワは言われてるとおり、動かしてて突然移動速度が落ちるから
うまく円が描けないのがわかった
M570エレコムサンワって親指トラボ揃ったけど、持ちやすさ、クリック感、操作性等
総合的にボール取り替えたエレコムが最強だとわかった



[#21]
MA-WTB43買ったんだけどボールが筐体とガッツリ接触してて使い物にならず
サポートにメールして代替品送ってもらったんだけど、こっちも少し接触してて
若干の引っかかりを感じる。メールでやりとりしたり郵送したり面倒くさいから
もう紙ヤスリで筐体削って隙間作って使うようにした。もうサンワは買わない



[#22]
>>#21
削ったあとの使い心地はどうでしたか?



[#23]
>>#22
削った後はひっかからなくなった
けど、前スレの感想にもあった「ワンテンポ遅れる感じ」は自分も感じた
これはボール自体滑りが悪く指が乾燥してると空回りするのが
一因となってるかもしれない 自動調整機能はくそ
本体の形状も高くて未だ手のポジションが定まらないし疲れる
あと、ボールと本体が接触してるのは仕様だそうです



[#24]
サンワの新型、ボールと本体の間に隙間が殆ど無いからな
使ってるとボールと接触してる本体の縁の所に小さいホコリとかが付く
気になるから取ろうとするけどボールを外さないと上手く取れない
で、ボールのハメこみがキツ過ぎる上に押し出し用の穴が小さ過ぎて
外すのに結構苦労する



[#25]
カウント固定で使えばの話だが
サンワの親指トラボはここで言われてるほど悪くないと思う



[#26]
サンワの自動調整さえ無ければよお!



[#27]
サンワサプライのはエレコムのと違って玉は悪くないよ






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:2.4GHz帯ワイヤレス、センサー:レーザー、解像度:400/800/1200/1600dpi、バッテリー:
単三電池1本、電池寿命:約8ヶ月(1日8時間目安)、サイズ幅95x奥行き126.5x高さ44mm、重量:140g
という仕様。カウント数自動調整機能は800/1200/1600dpiに設定した場合、ボールの動きに合わせて
自動的に調整される仕組み。ボタン数は左右クリック・サイドボタンx2・DPI切替・ホイール。レシーバー
は裏面に収納可能なナノサイズ。カラーはブラック・レッド・シルバーの3色。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。他機との比較を含めて良し悪しの評価は結構
分かれていましたが、一番の特徴と言えるカウント数の自動調整機能は不評のようで、400dpi固定での
使用が前提になりそうとのこと。他に筐体とボールが接触しているのは欠点、ボールやホイールなどの
パーツは出来が良い、言われているほど悪くはない、という声も。機能面が要望で変更される事は正直
なさそうですし、難ありと見るか使い方次第で良品と見るか人によりけりですね。「MA-WTB43」は現在
4,000円前後の価格で販売されています。




サンワサプライ ワイヤレスレーザートラックボール ブラック MA-WTB43BK
サンワサプライ(2014-12-20)
売り上げランキング: 14732



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09