ロボット掃除機 『Botvac 85』 レビュー ~外観~

Botvac_85_01.jpg


2014年10月に発売されたネイトロボティクスのロボット掃除機「Botvac 85 (BV-85)」。
レーザーセンサー・人工知能など最先端のロボット技術を搭載し、部屋をスキャンして効率的な掃除を
すると謳う高性能&多機能なハイエンドモデル。そのサンプルを試す機会をいただいたので、ここでは
フォトレビューのような形で外観から見てきます。

Botvac | Neato Robotics
http://www.neatorobotics.com/ja/robot-vacuum/botvac/







Botvac_85_02.jpg



Botvac_85_03.jpg


まず最初に開封して中身を確認。掃除機本体・充電ドッグ・電源コード・予備フィルター2個・ブレードブラシ
磁気テープ・取扱説明書類、といった内容物。バッテリー・コンボブラシ・フィルター1個は装着済み。保証
期間は1年間となっています。






Botvac_85_04.jpg



Botvac_85_05.jpg



Botvac_85_06.jpg



Botvac_85_07.jpg



Botvac_85_08.jpg



Botvac_85_09.jpg



Botvac_85_10.jpg


この「Botvac 85」は毎分1500リットルの空気を吸い込む吸引力、1秒間に約1800回スキャンする高精度
レーザーセンサー、Google無人カーにも使われているSLAM技術を利用した人工知能、直線的に進んで
効率的な掃除を行うシステムナビゲーション、自動で掃除する時間を設定できるオートスケジュール機能
バッテリーが切れると充電ドッグへ戻りチャージ後に再開する自動充電/自動再開機能、大容量&水洗い
OKのダストボックス、0.3μmの微細なゴミも除去するアレルゲンカット高性能フィルター、などが特徴。

掃除機本体は壁際や隅のゴミも残さずに掃除すると謳うDシェイプデザイン。サイズは幅335x奥行き321x
高さ100mm、重量は約4.1kg。ちなみにBotvacシリーズではこれが最上位のモデルですが、本体の性能
機能は同じで、他モデルとの違いは付属品の有無。「Botvac 80」は予備フィルターなし、「Botvac 75」は
予備フィルター1本付属/コンボブラシなし、といった内容になっている模様。続いて各部を見ていく事に。






Botvac_85_11.jpg



Botvac_85_12.jpg


表面後方の丸く青いパーツの部分にはレーザーセンサーが搭載されており、真横から覗くとセンサーが
2ヶ所に備わっているのがわかる。その隣には液晶ディスプレイと操作ボタンがあり、ステータスの表示や
各設定が行えるようになっています。操作ボタンはタッチ式。






Botvac_85_13.jpg



Botvac_85_14.jpg


表面前方の左右には2つのボタンがあり、左側はスポット掃除ボタン(1.2x1.8mの範囲を掃除)、右側は
掃除ボタン(部屋全体を掃除)兼ステータスランプ。このボタンはどちらも物理式です。






Botvac_85_15.jpg



Botvac_85_16.jpg


表面中央のカバーを開けるとダストボックスが備わっており、フィルターはボックスに取り付けられている。
内部の向かって左側には電源スイッチがあります。






Botvac_85_17.jpg



Botvac_85_18.jpg


ダストボックスはご覧のとおりクリアボディ。大容量は嘘偽りなく思えるサイズで、毎日掃除しても約1ヶ月
ゴミ捨てが不要と公式に謳っていたりする。ゴミ捨てはフィルターは取り外して行います。






Botvac_85_19.jpg



Botvac_85_20.jpg


このロボット掃除機はセンサー感知で障害物にはぶつからないタイプですが、前方はぶつかるタイプと
同様にプッシュ式の構造になっている(ロボット掃除機は大体そうなのかもしれませんが)。あと、側面
左側にもセンサーが搭載。






Botvac_85_21.jpg



Botvac_85_22.jpg


背面右側にある4本線の通気孔みたいなところも、よく見るとセンサーだったりする。そして背面中央には
排気口と充電用接点があり。






Botvac_85_23.jpg



Botvac_85_24.jpg


裏面に備わるブラシは2つ。一つは横一杯に広がるメインブラシ、もう一つは左側で水平回転するサイド
ブラシ。言うまでもなくどちらも着脱可能です。






Botvac_85_25.jpg



Botvac_85_26.jpg


また、裏面の前方2ヶ所にもセンサーが備わっています。ここまでぱっと見ただけでも計6ヶ所にセンサー
がありましたから、そこだけでも高性能だなと感じる部分です。






Botvac_85_27.jpg



Botvac_85_28.jpg


裏面左右に備わるホイールは外輪がシリコン製なので、床を傷付ける事はないでしょう。このホイールは
本体を持ち上げると上がり、床面に置くと下がるサスペンションタイプの構造になっていて、ボコボコした
カーペットでも問題なく対応できそうです。






Botvac_85_29.jpg



Botvac_85_30.jpg


ホイールと一緒に回るローラーも前後に合計4個装備。・・・・掃除機本体の各部は以上のとおりです。






Botvac_85_31.jpg



Botvac_85_32.jpg


充電ドッグは前面の黒い部分がおそらくセンサーになっており、銀色の部分は掃除機の充電用接点と
ドッキングするところ。裏面は電源コード接続端子があり、コードを左右から出せる構造になっています。





Botvac_85_33.jpg



Botvac_85_34.jpg


付属品の予備フィルター2個とブレードブラシ、そして磁気テープ。磁気テープはマグネットシートみたいな
もので、長さは約2m。これを置いておくと掃除機の進入を防ぐ事ができます。






Botvac_85_35.jpg



Botvac_85_36.jpg


・・・・まだ届いたばかりの状態なので、今回はここまで。続きはある程度使ってみてから使用感などの
レポートをする予定です。第一印象は掃除機のあらゆる部分を見ただけでも、色々機能を積んでいると
わかる感じでした。これまでロボット掃除機はエントリークラスと言えるものしか使った事ありませんが
未使用の時点でも安い機種とはさすがに別格だなぁと思ってしまうほど。見た目はベーシックの一言で
決してスタイリッシュではない、でも白物家電の一つとして見れば部屋に馴染むデザインですね。

<続き>
ロボット掃除機 『Botvac 85』 レビュー ~使用感~

http://watchmono.com/blog-entry-5265.html




ネイトロボティクス ロボット掃除機 (ホワイト&ラグナブルー)【掃除機】Neato Robotics Botvac BV-85
ネイトロボティクス
売り上げランキング: 205507



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09