日本製の桧すのこベッドフレーム『ビビ』を買ってみた

BedFrame_Vivi_01.jpg


有限会社ジイエムから販売されているベッドフレーム「ビビ (Vivi)」。
府中家具で知られる広島県府中市のメーカーが手がけた、国産桧材&すのこ仕様のベッドフレーム。
マットレスと合わせて今回新調しましたが、どういうものなのか購入ついでに合わせて触れてみます。

Craftiaの日本製マットレス『リネンワッフル』を買ってみた
http://watchmono.com/blog-entry-5135.html






BedFrame_Vivi_02.jpg



BedFrame_Vivi_03.jpg


まず到着した状態、そして開梱完了状態。このベッドフレームは組み立て式で、今回購入したシングルは
ベッドフレーム2面・脚6本・ボルト&工具・説明書、といった内容物。また、箱には取り扱い製品が載った
パンフレットが添付されていて、その中に手書きメッセージも入っていたり好感が持てる部分も。ちなみに
直販サイトと楽天市場で販売されており、後者の方は(楽天市場のところに)レビューを書けば送料無料
になったりします。






BedFrame_Vivi_04.jpg



BedFrame_Vivi_05.jpg


続いて各部を見ていく事に。フレームの表面はフラットな作りで、ご覧のとおりすのこ仕様になっている。
製品情報に書いてあった”ふし埋め”や”埋め木”はところどころにありますが、マットレスを置けば全然
見えないので気にする点でもないでしょう。端の部分はそれが極力少ないものを使っている感じですし。






BedFrame_Vivi_06.jpg



BedFrame_Vivi_07.jpg


裏面は強化材が取り付けられている作り。言うまでもなくそこも桧材が使われていて、脚を取り付ける
部分とボルト・ネジを除けば全て”ヒノキ”の材質です。






BedFrame_Vivi_08.jpg



BedFrame_Vivi_09.jpg


裏面のところどころにある”ふしの抜け”。これも製品情報に書いてあるので、事前に知っておけば許容
範囲。数に関しては個体差があると思いますが、裏面なので普段気にする事はまずないでしょう。






BedFrame_Vivi_10.jpg


BedFrame_Vivi_11.jpg


直径:約9cmの太い脚も桧材で、底面に貼る保護用のフェルトシールが付属している。脚の長さは通常
23cmですが、追加料金を払う事によって1cm単位で変更も可能(10~40cm)。自分は10cmが理想的
だったので、ここも決め手のポイントになりました。既製パーツで数段階の調整ができるものはあっても
1cm単位で選べるオプションはなかなかないでしょう。






BedFrame_Vivi_12.jpg



BedFrame_Vivi_13.jpg


組み立ては裏面中央にボルト3本を取り付ける→脚を取り付けるで完成。非常に簡単ですが重量が結構
ある(シングルは約35kg)ので、持ち上げる際は二人がかりでやった方が無難でしょう。






BedFrame_Vivi_14.jpg



BedFrame_Vivi_15.jpg


完成後の外観。シングル/脚10cmでの寸法は幅100x奥行き200x高さ15cm。脚の長さで変わってくる
かもしれませんが、素のままの状態で寝そべってもブレや軋みを一切感じない安定感は非常にGood。






BedFrame_Vivi_16.jpg



BedFrame_Vivi_17.jpg


フレーム角は丸みを帯びた加工がされているので、桧材の神々しいとも言える堅苦しさはあまり感じず。
完成後の状態を下から覗きこんでみると、ひのき仕様の通気性は確かに良さそうだと再確認。






BedFrame_Vivi_18.jpg



BedFrame_Vivi_19.jpg


マットレスを置いた状態。非常にシンプルで見方によってはスタイリッシュ。無印良品みたいなショップに
展示してあっても違和感は全然なさそう・・・・そんな見栄えです。このナチュラルな色合いがサマになる
ようフローリングも変えてみたい、とも思ったり。さて、使い出してから2週間近くの状態で感想を述べると
ベッドフレームとしては前述のとおり安定感が非常に良く、何も文句はありません。ほのかに香ってくる
桧材の独特な香りも、新築の家を彷彿とさせて気分良くなったりします。

あと、個人的にはローベット風の高さを選択できるところが本当に決め手となりました。低ければ低い方
がいいけれども、これまでベッド下に回線機器やスリムPCを置いていたので10cmは必要、その要望に
予算内で応えてくれるのはこれくらいでした。土台がガッシリした太さだと見た目のバランスも絶妙ですし
ローベッド風を好む人にはオススメ。大げさかもしれませんが、マットレスは替える事があってもフレーム
は一生モノになりそうですね。この「ビビ」はシングルサイズだと現在32,400円で販売されています。




丸みのあるデザインが心地いい「ひととき」を過ごせる。
家具の基



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09