メカニカルキーボード用キーキャップを自分の好きな色に染める

Dyed_Keycaps_01.jpg


世界各国のキーボードを見ていると随分カラフルなキーキャップでカスタマイズしている人もいますが
その中には市販品ではなく自分で好みの色に染めているとはっきりわかるものが割とあったりする。
その手順がわかりやすく公開されていたので、ちょっと見てみます。

お前等のメカニカルキーボード見せろよ(海外)Part.40
http://watchmono.com/blog-entry-5070.html






Dyed_Keycaps_02.jpg


用意するものはキーキャップ(PBT樹脂)・鍋・金属ザル・木製スプーン・染料・蒸留水の6点。キーキャップ
は必ずPBT樹脂でABS樹脂はダメとのこと。また、鍋・金属ザル・木製スプーンは使い捨てる事が前提。
それと今回使われた染料はiDyeという海外製品で、布でもプラスチックでも使えるタイプのようです。






Dyed_Keycaps_03.jpg


①まず最初にやる事は蒸留水を沸騰させる。キーキャップがちゃんと浸る量を鍋に入れる。






Dyed_Keycaps_04.jpg


②蒸留水が沸騰したら鍋に染料を投入。






Dyed_Keycaps_05.jpg


③キーキャップをその鍋に入れる前に洗浄しておく。






Dyed_Keycaps_06.jpg


④鍋に金属ザルを付けて、そこにキーキャップを投入。スプーンで均等に絡ませたら10~15分待つ。






Dyed_Keycaps_07.jpg


⑤鍋からキーキャップを上げて水で洗浄。これで完成かと思いきや、もう一度上記の手順を繰り返す。






Dyed_Keycaps_08.jpg


⑥鍋の染料入り蒸留水を再度沸騰させ、キーキャップをまた投入し10~15分待つ、そして水で洗う。






Dyed_Keycaps_09.jpg


⑦洗い終わったらキーキャップを乾燥させる。一晩くらい自然に乾燥させるのがいいとのこと。






Dyed_Keycaps_10.jpg
(via imgur)

⑧完成。市販品では見られない鮮やかなレッドに染まっている。好みの色のキーキャップセットが売って
いなかったり、部分的に色を変えたいという場合にはこの方法はいいかもしれない。でもキレイに染める
にはホワイトのキーキャップを用意しないといけないのも前提になりそう。それ以前に日本だとABS樹脂
のキーキャップセットは色々出回っていますが、PBT樹脂の方はまだ全然売ってないので真似しようにも
現状ではちょっと難しいですね。




ジャカード織 iDye ファブリック染料 14 グラム火災は赤
Jacquard Products
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09