エルゴノミクス・メカニカルキーボード『TECK209 / TECK229』の比較

TECK209-TECK229_01.jpg


ダイヤテックから発売されているTruly Ergonomicのキーボード「TECK209 / TECK229」。
左右対称&千鳥配列のエルゴノミクスデザインが特徴的なメカニカルキーボードで、前者がCherry MX
後者がkailhのキースイッチを採用したモデル。その2機の簡単な比較があったのでちょっと見てみます。

ダイヤテック 『Truly Ergonomic 209』 レビュー
http://watchmono.com/blog-entry-2674.html






TECK209-TECK229_02.jpg



TECK209-TECK229_03.jpg



TECK209-TECK229_04.jpg



TECK209-TECK229_05.jpg
(via imgur)

2機の主な違いはキースイッチとキーキャップの印字、以上の2点で筐体の作りは変わっていない模様。
でもCherry MXとkailhとではネームバリュー的にも大きな差がある印象ですが、茶軸だと実際に打って
みての体感はほとんど変わらない、知らずに使うとどっちがどっちなのか判断するのは難しいとのこと。
Cherry MX採用の「TECK209」は既に廃盤となっていて入手不可ですし、毛嫌いしなければkailh採用
の「TECK229」でも特に問題なさそうな感じでしょうか。ちなみに「TECK229」の価格は23,452円、本家
での価格は249ドル。代理店経由なのに上乗せはなく、むしろ良心的な価格設定だったりします。




  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09