PCケース内にフィギュアを飾る人たち

Figure_in_PCcase_01.jpg


ここ最近のPCケースはカスタマイズ性が富んできて、機種によってはドライブベイの部分を全部取り外す
事ができたり、ケーブルは裏配線or下部のボックスに収納できたりと、内部をかなりスッキリさせる構成
も可能になってきている。さらにパーツの進化も著しく、よほどのハイスペックでなければスペースに余裕
を持たせて組む事ができる。加えてその光景を見せるためにサイドパネルのアクリルウインドウは大型化
が進行中。そんな感じで”見せるPCケース”が増えている事もあってか、ケース内にフィギュアを飾る人が
ちょくちょく現われてきました。

【PCケース】NZXT 『SOURCE340 (S340)』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-5034.html






Figure_in_PCcase_02.jpg



Figure_in_PCcase_03.jpg



Figure_in_PCcase_04.jpg



Figure_in_PCcase_05.jpg


今回一例として取り上げるのはNZXTのミドルタワーケース「SOURCE340 (S340)」。フロントのドライブ
ベイは最初から排除されており、ボトムの電源まわりは部屋分けがされていて左サイドからは見えない
構造、そして内部一帯を見渡せる大型アクリルウインドウが特徴的なモデル。で、その内部に飾られて
いたのは全長20cm近い1/7スケールのタイプとか大きめのフィギュア。ケース内にパーツ以外のもの
を入れる人は前からいましたが、せいぜい小物と言えるサイズだった。なのでこれくらいのフィギュアを
難なく飾れるところからも、ある意味進化が伺えるなーと。PCケースもその気になれば兼ショーケース
になりますね。







  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09