【サウンドカード】ASUS 『Essence STX II』 レビューチェック

Essence_STX_II_01.jpg


2014年11月に発売されたASUSのサウンドカード「Essence STX II」。
音楽用として高い評価を得ていた「Essence STX」の後継となるPCI Express接続の最新サウンドカード。
ラインナップは通常モデルと7.1chサラウンド対応モデルの2機種あり。簡潔にチェックしてみます。

- Essence STX II - ASUS
http://www.asus.com/jp/Essence_HiFi_Audio/Essence_STX_II/





Banner_01.png



Essence_STX_II_02.jpg



Essence_STX_II_03.jpg



Essence_STX_II_04.jpg



Essence_STX_II_05.jpg



Essence_STX_II_06.jpg



Essence_STX_II_07.jpg



Essence_STX_II_08.jpg



Essence_STX_II_09.jpg



Essence_STX_II_10.jpg



Essence_STX_II_11.jpg



Essence_STX_II_12.jpg
(via XFastest)





Banner_06.png


[#1]
Hi-Fiサウンドに最適な低ノイズサウンドカード、ASUS「Essence STX II」シリーズ
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2014/0314/63603



[#2]
肝心のチップがAV100のまま変わらずでブリッジチップがマイチェン後のSTXと
一緒のASM1083になってて基板構成も全く同じでオペアンプが
MUSES8920とMUSES8820になって要所のコンデンサ違うだけだけじゃねーか…
買い換えるまでの価値が全く見出だせんぞこりゃ



[#3]
内蔵サウンドカードではもうその程度が限界or十分ってことなんじゃないの
もっと良いの欲しければ外付けDAC買えと



[#4]
DACからOPAの距離が短くなった感じか。入力は特に変更なさそうだな



[#5]
STX2良さそうだけどフィーバスに付いてるみたいな
マイク付きのボリュームコントローラーとか欲しかったな
昨今のサウンドカードにはそういうのが付いてるのが当たり前になってきてるし



[#6]
>>#5
それやりたいなら内蔵でなくて外付けでいいわけで
それが欲しい人はEssenceOneを買ってください



[#7]
久々に来てみたらSTX2なんて出るのか!
と思ったら今使ってるSTXとオペアンプ全く同じ積み方だった
壊れるまで今のままでいいや



[#8]
俺STX2を独アマから2枚買って使ってるけど
オペアンプ乗せてるICソケットが丸ピン型に変更になってるんだよね。
同じ丸ピン使ってる変換基板にオペアンプはんだ付けのなんかだと
使い心地いいけど、通常のDIP型だと抜き差しがキツキツで
抜く時は良くあるIC抜き工具なんかだと片上がりして
オペアンプの足がグンニャリって事に。
付属品のペンチでオペアンプを力強く掴みこんで揺さぶりながらでないと
抜く事が出来なかった。DIP型オペアンプでとっかえひっかえして
楽しんでる人には、あまりお勧めしません。



[#9]
Essence STX II 7.1
Essence STX II
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20141108/ni_cstx271.html



[#10]
>>#9
「DSD音源の出力も可能。」
とあるが信じていいのだろうか



[#11]
いやーそうだと嬉しいけど
それなら仕様にDSDの出力仕様書かないわけないしなあ



[#12]
ZxRはせっかく良い品なのにCore3Dがゴミ過ぎて
24bit96KHzまでなのが致命的なんだよな
今からサウンドカード買うなら音響重視ならフィーバス
音質重視ならSTX2が選択肢だろうな



[#13]
変わったのはOPAだけだとおもってたら、
パターン配置、電解コン、フィルムコンも変わってるのね



[#14]
まあでもやっぱりそれだけじゃマイナーチェンジの枠は出ないからなあ
レビュー期待だわ



[#15]
STXはプロロジックIIxをオンにして
ヘッドホンで聴くと音が左側に偏る不具合あったよな
あれはSTX2では直ってるんだろうか



[#16]
>>#15
治ってない
これはもうドライバレベルの問題じゃ無くてAV100のほうに問題があるんだと思う



[#17]
Essence STX II 7.1購入したけど、STXの時と変わらず電源入れた時に
パチンって音が鳴るの変わらないんだね
あとはカバーが軽くなった事かな、STXは友人に上げちゃって
厳密な重量がどれぐらい変わったか比較できないけど
こんな軽さではなかったと思う
とりあえずMUSES01届いた時に計ってみようと思う

それとヘッドフォン繋げた際の音が以前より良くなっている
噛ませた変換アダプターは以前と同じようにAP-301HFを使用
使用しているPCも変わらず、電源はSeasonicのSS-860XP2を使ってたけど
STXの場合どう足掻いてもホワイトノイズが入るので
付属のRCA→ステレオミニから聞いてた
この部分が改善されたのは個人的に大きい

また、以前試した時もI/Vが8920*2、ローパス8820で同じだったんだけど
ここら辺は変わらずかな
何気に付属品にオペアンプLME49720*2とMUSES8820*1が付いてた
オペアンプ引き抜き工具が付属しているのは知ってたけど
ここまで来ると各1個増やして全部同じ構成にしたいね

あとSTU(現構成)もあるから経験則だけどI/V8820(02)、ローパス8920(01)だと
ゲーム専門には劣るけど、その分鳴らす音を選ばないね
最後に、ASUS Audio Centerからアナログ出力を選択するとこでも
パチンと音が鳴ってタイムラグがあったけど
そのタイムラグが半分くらいに縮小されてレスポンスが早くなってる
色々と痒い所に手が届く仕様になってて個人的にはありがたかった

ただ費用対効果はまだまだなんであと一年も待てば
値段もこなれていい選択肢になるんじゃないかな



[#18]
報告、uLilith ver2014/08/10でASIOを使って
wavとmp3の再生を試みたけど再生できなかった
過去に初代STXとSTUのUSB接続の時は問題なかったから
その時と同じ感覚でやってみたけど

ASIOの出力設定からコントロールパネルの表示を選択すると
ASIOドライバ初期化エラー
「ASIOドライバが初期化できません。デバイスが使用中の可能性があります。」
と表示されてASIOのコントロールパネルが開けず、ファイルの再生も
サウンドデバイスの確保エラー
「サウンドデバイスが使用中です。サウンドを開始できません。」と表示される

ちなみにタスクトレイに収納されている、ASUS Essence STX II Audio Centerからは
ASIOコントロールパネルが開けた
念のためASUS Essence STX II Audio Centerを終了させてから試みるも
結果は同じで再生されず

プロパティから排他モードの部分を弄ってみるも結局何も変わらなかったので、
念のため別ソフトであるAIMP3入れたら何も問題なく再生された
もしかしたら他のASIO対応サウンドプレイヤーでも同じ事が起きるかも知れないので注意
ってかこれはuLilithの問題なのか、どっちなんだろう?



[#19]
それとSTX II(同軸)→STU→オーディオとSTX II(RCA)→オーディオを比較してみた
使用した機材はCR-D1とD-112、前者は後者と比較すると
高音域でややエッジの効いた音がして
逆に後者は全体的にうっすらとヴェールが掛かった様な
ありていに言えばオンキヨーらしさがプッシュされて
JAZZやR&Bには向かない音だなぁと思った

けどSTX IIに装着したばかりのMUSES01はエイジングが終わってないんで
これからどうなるかかな
あとエロゲの主題歌だけどゆきいろの六花のうたが凄くあってた
当方札幌在住なんで、雪が降り積もる中の音の伝わり方ってのが解るんだけど
後者は深々と降る雪の中で歌っているイメージそのもので
前者が晴れた青空の中で歌っているイメージで声が透ってた

あとはRagnarok Onlineのキルハイルクエストで流れるAbSolitudeだと
前者が音楽性重視で、後者がストーリー性重視に聴こえた
前者はトランペットを低く唸らす部分の定位が解り易くて聞き取りやすい
それとチェンバロに華やかさと若干の冷たさがあった

それに対して後者は胡散臭い、上で挙げたヴェールが掛かった様なって所が
まさに胡散臭さを5割ぐらい増やしてくれる
トランペットの定位は解るけどいまいちハッキリしないし
脱力なのか鍵盤を完全に押し切らない感じがした
選曲が凄くマイナーかつ解り難い例えだと思うけど参考になれば嬉しい

それと最後に、STX II→STUの接続方法を光学に変えてみたんだけど
何故かSTX II(RCA)とあまり変わらなかった
ケーブルはJVCのXN-115SA(1.5m)を使用しているから
損失が酷いって事は無いと思うんだけどな
そう言えばHDMIセレクターに付いていた同軸端子を利用した時も音が尖ってたな
何なんだろ



[#20]
>>#19
何を言いたいのか分からん、簡潔に



[#21]
ちょっとエロ方面の話題は出しにくかったがエロゲ主題歌の話が出たんで聞いちゃうけど
STXⅡ→ヘッドホンはエロゲに合う?



[#22]
>>#20
クラシック、ヒーリング、ケルト音楽、エロゲ(あえぎ声等)には向いてる
JAZZ、R&B、ロックは不向き、特にドンシャリ系が好きな人にはお勧めできない
ただしオペアンプ交換した場合どうなるかまでは解らない
全部MUSES02にしたりI/VをOPA627AU(BPはスペースの関係上搭載できない為)
にしたらどうなるか・・・
とりあえずこのボードの基本はフラットだって事かな
デフォのオペアンプだと右肩上がり気味に味付けされてる

>>#21
ヘッドフォンならSTUのDCサーボをMUSES02に変更するとSTX IIより良い音出るよ
有償補償すら受けられなくなるけどね、完全自己責任
ただし凄いクリアでピュアな音に化ける



[#23]
STX、同軸とラインの同時出力出来るよ
S/PDIFのとこをPCMにしとけばいいDDLだとアウト
同時出来ないのはウンコphoebus



[#24]
Asus STX II Vs Creative ZXR
http://www.head-fi.org/t/728124/asus-stx-ii-vs-creative-zxr

音楽目的ならSTXⅡが良いって言ってるね
ZXRは不自然に低音がなるからSTXⅡがいいうんたらかんたらかな



[#25]
STXⅡ届いた
STXより微妙に基盤が長い。
で、ヘッドホン環境で初期の8820と8890のママだと何かかわいた音だったので
STXでお気に入りだったLT1469×2とOPA2604にしたら綺麗な良い音で鳴るようになった



[#26]
ヘッドホン目的ならSTXⅡ、スピーカー目当てなら300PCIe R2
と住み分けできたと思ったら後者がディスコンという。。



[#27]
STXⅡは8920と8820の位置逆にしたけどこっちの方が合ってる気がするなぁ



[#28]
>>#27
らしさは損なわれるけど、結構何でもこなしてくれるよね
リスニング用と言うよりBGM用と言った具合にカジュアルな感じがする



[#29]
STXⅡのアナログ出力でアンプに繋いで
ブックシェルフスピーカーで聞いてるがかなり音が良い
ボーカルがクリアで低音が綺麗に鳴って細かい音をかなり拾ってくれてる印象
微妙に変更したデザインとかの影響はアナログ出力に出てそう

値段が高いだけあってSTUと同クラスか、下手するとSTX II→同軸→STU経由より
STX IIそのままの方が良いかもしれないね、ちなみにオペアンプは両方とも同じ
ただヘッドフォンだけはDCサーボをMUSES02にしたSTUの方が良いな
その方がホワイトノイズが明らかに少ない
あとはDSD対応とSTX II 7.1のみ7.1ch対応か、STX IIとSTUあれば大抵は困らないな



[#30]
STX IIもSTXも足音聞き辛いムーリ



[#31]
>>#30
足音はイコライザーで調整しろよ



[#32]
実際に使った人に聞きたいんですが、
STXとSTX IIでRCA接続で使った場合、体感的違いがありましたか?

現在DGを使っているのですが、もう少しグレードを上げようかと思い、
「STXと1万ちょいのDAC」の購入を検討してるのですが、
STX IIがSTXよりRCA接続時の音質が良くなっているなら
安いDACはいらないのだろうかと考えていますが、
実際に使った感じではどうでしょうか?

あと、素人質問であれですが、
STX使う場合、5000円~1万円程度の安いDACを間に挟むぐらいなら、
むしろ使わないでRCA接続でアンプ繋いだ方が音がいいでしょうか?
主観でかまいませんので、感想を聞かせていただければ幸いです。



[#33]
>>#32
オペアンプはI/VがMUSES01、ローパスがMUSES02で
STX、STX II、STUを使った感想

STX IIのRCA接続はSTUと同等だから間違いなく良くなってる
ただしヘッドフォンについてはこの限りじゃない
STX IIのヘッドフォン端子のホワイトノイズはSTXと変わらない、ただブロックは減ってる
ヘッドフォンをアンプのヘッドフォン端子に接続するつもりならSTX IIがお勧め

最初から付いてくるオペアンプもアナログチックな音楽に適した
MUSES8920(I/V)、8820(ローパス)が搭載されてる
あと付け替え用に8820一つと、LME49720が二つ、交換工具が付属してる
LME49720は素直だから、この中でデジタルチックにするなら
I/Vが8820、ローパスが49720かな
STX IIなら贅沢言わなけりゃ付属のオペアンプで大体こなしてくれるよ

あとS/PDIFでDACに接続するんだったらサウンドカードより
DACにのみ金を掛ける手段もある
ただ仮にXonar DGでデジタル出力に不満があるとしたら
192khz/24bitのHi-Res再生しようとしているのかな
もしそうだとしたらDSD対応や7.1chサラウンドに拘らない限り
STXと、STUの価格帯で気に入るDACの購入をお勧めするけど
どう考えても予算オーバーだよね

最後の方にある「STX + 5000~1万程度のDAC」の組み合わせに対する答えだけど
STX IIをRCAで接続する方がいいよ
STX IIはRCA時の低音の弱さも解消されているし、単体購入を挙げてるくらいだから
予算的にも問題ないと思う

あとCPUとNICには注意、俺が以前使ってたA88X-G45 Gamingに搭載されてたNICが
QualcommのKiller E2200、CPUがAMD A10-7850Kなんだけど
どうもAPU+Killer E2200だとSTX IIと相性が悪いみたい
クラックルノイズや音飛びがDirectSoundバッファ1000msで1~2分に1回発生するんで
APU+Killer E2200の場合は止めた方が良いよ、他のKillerシリーズは不明



[#34]
ASIOで光だとどう?音飛びやズレは発生しない?



[#35]
A10-7850KとA88X-G45 Gamingの時は接続方法関係なく発生したけど
CROSSBLADE RANGERの今はASIOで同軸、光接続、共に発生してないよ
ただクリック音をシステム上で設定して鳴らすとクラックルノイズは入るね
ここら辺はASIOの宿命か、排他でデバイス占拠しているのを
一時的に明け渡すんだし仕方ないか
UNi Xonar Driver入れたらどうなるか解らないけど、俺は公式使ってるんでこんな所かな



[#36]
STXⅡのRCA出力は無印よりかなり改善されてるね
これならこの価格帯でもまぁ高い買い物したなぁくらいで納得出来ると思うw
少なくともDS-DAC-10より上に感じたし、同価格帯のUSB DACを検討してるなら
断然こっちがお勧めかと



[#37]
発売当初、高い高いと言われてたけど
高いなりの価値は十分あるものだったね
円高だったらもっと安く購入できてヒャッハー!だっただけにそこだけが残念



[#38]
STX II は
DSD非対応確定です



[#39]
STX II にDSDネイティブ再生できるような情報があったが間違いだったと確認できた
事実はそれだけで目くじら立てた内容でもない



[#40]
一度手放したSTU買い直すくらいならSTXⅡ買った方がいいのかなぁ。悩むわ



[#41]
STXⅡのスピーカー出力無印に比べてめっちゃ良くなってる気がする
安いから買ったソニーのスピーカーSS-CS5と愛称良いのか
スタジオっぽい響きというか臨場感がすごいよ



[#42]
あーSTXⅡのRCA出力の音がめっちゃええんじゃ
ヘッドホンよりスピーカーでボリューム絞って聞くのが楽しみになってる



[#43]
>>#42
お前は俺かw
STXIIいいな、まだまだエイジング中だがSTX無印とここまで違うとは想定外
値段だけのことはある、ライバルはX7になるだろうな



[#44]
こうして聴いているとSTX無印とC-MediaのXear3Dなんかも
同じレベルだとわかるんだよね
C-MediaのXear3Dの音がよすぎるということもあるがSTXと同レベルだとわかる
ところがSTXIIは高価なDACにあるような音の光沢と広がりがあって
一聴するだけで別世界の音が広がる
これだけの音質なら10万円以上のDACと比べても負けないと思う
へたするとヘッドホン出力は最強かもしれない



[#45]
STXⅡの音質は低音やベースの音がぼんぼこ、ぼんぼこ鳴るのが何か良い
これはヘッドホン出力でもスピーカー出力でも同じ印象
低音が弱いと言われてるATH-A2000Xで低音がもこもこ出るし
なんか低域がエロいんっすよ






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターフェイス:PCI Express、周波数:24bit/192KHz、SN比:124dB、オーディオプロセッサー:AV100
搭載DAC:Burr-Brown PCM1792A、搭載オペアンプ:MUSES 8920×2/MUSES 8820/TPA6120A2
アナログ出力:RCA/ヘッドホン/フロントパネルオーディオ用ヘッダー、デジタル出力:S/P DIF(同軸)
サイズ:107x168mm、という仕様。ASUS独自のオーディオプロセッサー採用、600Ωまでサポートする
ヘッドホン用オペアンプ搭載、オペアンプはソケット式で交換可能、交換用オペアンプ3個・工具付属
などが特徴。7.1chモデルは7.1ch出力カードと接続ケーブルが付属。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。発表があったころ(2014年3月~)は旧型から
乗り換えるほどの価値はないだろうと見られていたようですが、音は確実に良くなっている、特にRCA
接続はUSB DAC「Xonar Essence STU」(AA)と同等、ヘッドホン専用とも言われていた旧型とは違って
スピーカーでの使用も十分良い、と高評価を得ている様子。割高に思われていた価格もこの出来なら
見合っている、同価格帯のUSB DACを買うよりもオススメとのこと。

近年のサウンドカードは全体的に見ても新型はわずかにしか出ておらず、むしろ廃盤になって数は減少
している状況。少し噂されていた今後クリエイティブから出そうなものはまだ何も情報が出ていませんし
仮に出るとしても当分先になるであろうと予想。完全無欠ではないけれども、とりあえず音楽目的では
旧型から引き継ぐ形で”鉄板”と言える存在にまたしばらくなるかもしれませんね。「Essence STX II」は
現在31,000円台の価格で販売されています。




ASUSTeKサウンドカード Essence STX II
Asustek(2014-11-08)
売り上げランキング: 31887



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09