モトローラ 『Motorola Buds SF500』 レビュー ~使用感~

Motorola_Buds_SF500_30.jpg


海外で発売されているモトローラのBluetoothイヤホン(ヘッドセット)「Motorola Buds SF500」。
U字型ユニット+イヤホンの構成になっている首かけ式のBluetoothイヤホン。前回のレビューから結構な
期間を空けてしまいましたが、今回は自分なりの使用感でも触れてみます。

モトローラ 『Motorola Buds SF500』 レビュー ~外観~
http://watchmono.com/blog-entry-4092.html






Motorola_Buds_SF500_31.jpg


■音質は及第点。イヤーピース交換・aptX接続・EQ調整機能で良くはなる------
まず音質についてですが、個人的に付属のイヤーピースだと真価を発揮できないというか耳に全然フィット
しないので、別のものに交換が必須。どのサイズもまったくダメっていうのは初めて。三段キノコのタイプに
したら低音もしっかり出る感じになりました。EQ調整は3モードあるので、低音を強調したかったりクリアに
聴きたかったり好みのモードを選べばよし。また、aptXコーデック接続で音質が変わるかといえば変わる。
SBCの時に比べて音の雑味がない。遅延に関しては大差なく、どちらでも気になるほどではありません。
Bluetoothイヤホンとして見れば悪くないが及第点、価格なりの音質ですかね。






Motorola_Buds_SF500_32.jpg


■ユニット先端のマグネット着脱は使い勝手が結構良い------
特徴の一つとなっているユニット先端とイヤホンのマグネット着脱。不使用時にイヤホンがブラブラしない
ための機能ですが、首にかけたまま移動する時は確かに邪魔にならなくて良い。着脱は簡単にできる
けれども、ちょっとした衝撃で外れるような事はなし。常時装着している時はその良さが実感できますね。






Motorola_Buds_SF500_33.jpg


■コードは正直短い、もっと長い方がよかった------
コードはユニット先端に取り付ける事も考慮してか、必要最低限と言える長さになっている。不使用時は
邪魔くさくなくて確かに良い長さなのですが、イヤホンを耳につけた状態で振り向くような動きをする時は
ユニットを引っ張るような形になってコードの短さを痛感する。ここは改善の余地ありです。






Motorola_Buds_SF500_34.jpg


■操作性はシンプルで悪くない。音声アナウンスも備わっている------
向かって左側のユニット先端で音量調整、右側のユニット先端で電話応答/再生/一時停止&曲スキップ
それに長押しでEQ調整、後部裏側で電源ON/OFF、と操作はどこで何ができるかを覚えればとても簡単。
誤操作が発生する事もこれまでありませんでしたし、悪くないと思います。あと、音声アナウンスも搭載。
起動時は”ウェルカムトゥザモトローラバッズ”、接続完了時は”デバイスワンコネクタ”、EQ調整の時は
”イーキューチェンジ”、といった音声が流れます。






Motorola_Buds_SF500_35.jpg


■バッテリーはスペックどおり10時間くらいはもつ------
連続再生時間は約10時間となっていますが、結構前にその時間を測ってみた時は10時間強はもった。
なのでスペックどおりと考えていいでしょう。ただしSBC接続での計測だったので、aptX接続の場合は
それより短いかもしれません。






Motorola_Buds_SF500_36.jpg


■装着感は意外と軽快で良好、ただし服装を選ぶ------
首かけ式のユニットは少々重苦しい外観をしていますが、実際に首にかけてみるとこれが意外に軽快。
装着してても首まわりが気になるような事はなく、ちょっとしたネックレスをかけている程度の感覚で良好。
ただし服装は確実に選ぶ。シャツ1枚は何も問題なし、でもジャケットなど重ね着をする場合はうまく首に
かける事ができないかも。ユニットは柔軟性が多少あってもフレキシブルではありません。






Motorola_Buds_SF500_38.jpg


■一見スポーティーなデザインだが、ランニングなどの用途にはまったく向かない------
ネックバンド式と同様にスポーツでも活用できそうな感じの首かけ式。でも使ってみるとまったく向かない。
ランニングの際は走る動きと連動してバンバン揺れまくる、それが非常に邪魔くさい。ジャージ内に入れて
使うみたいな方法ならアリだと思いますが、個人的にスポーツでこれを使う気にはなれないです。






Motorola_Buds_SF500_39.jpg


■総評:海外価格ならアリ、輸入価格ならナシ、価格次第のBluetoothイヤホン------
この「Motorola Buds SF500」はBluetoothイヤホンとしてどのあたりのクラスなのか、別のタイプで例える
ならPlantronicsの「BackBeat GO2」(AA)みたいな存在だと思います。上のクラスと比較されると色々劣る
でも価格を考えれば上出来、簡単に評すればそんな感じですかね。ただしそれに当てはまるのは海外の
価格(現在50ドル前後)で購入したらの話。

これが登場してから1年以上経ちますが、日本正規品はいまだ発売されず、国内で入手する方法は並行
輸入品のみ。しかし売り値は10,000円を超えている。はっきり言ってその価値はないです。これに1万も
出すならソニー直販で売ってる同タイプのモデルを買った方がいいでしょう。自分は海外から取り寄せた
ので不満はありません。それにしてもモトローラはこういう機器ですら日本で出さなくなりましたね・・・・。




Motorola Buds SF500 Universal Bluetooth Stereo Headset北米版正規品 (Black ブラック)
Motorola
売り上げランキング: 2514



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09