LEOPOLDの吸音パッド内蔵メカニカルキーボード『FC900R』

FC900R_Standard_01.jpg


海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC900R」。
静電容量無接点方式モデル「FC660C」を日本でも出したLEOPOLDのスタンダードなメカニカルキーボード。
同シリーズにはキーバックライト搭載版がありましたが、この通常版は吸音パッド内蔵を特徴としています。

LEOPOLDのキーバックライト搭載メカニカルキーボード『FC900R LED』
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-4811.html






FC900R_Standard_02.jpg



FC900R_Standard_03.jpg



FC900R_Standard_04.jpg



FC900R_Standard_05.jpg
(via facebook)

キースイッチ:Cherry MX(赤軸/茶軸/黒軸/青軸)、キーレイアウト:104キー英語/韓国、キーピッチ:19mm
キーストローク:4±0.5mm、ケーブル長:1.8m、サイズ:幅440x奥行き140x高さ33mm、重量:1.2kg、という
仕様はキーバックライト搭載版と変わらずで、こちらはキーキャップが2色成形タイプ/ABS樹脂・PBT樹脂
前面印字/PBT樹脂の3ラインナップある模様。一番の注目とも言える吸音パッドは、ご覧のとおりフェルト
みたいなパッドが内部底面に敷かれている。Youtubeにタイピング動画がいくつか投稿されていましたが
打鍵音は気持ち程度抑えられている・・・・のかな?とりあえず”O-ring”の他に静音化を図れるものがあり
一部のメーカーがそのあたりを意識してきたというのもわかる一品です。




  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09