山善 『KS-F404』 レビュー ~大容量のスチーム式加湿器~

KS-F404_01.jpg


2014年10月に発売された山善(YAMAZEN)の加湿器「KS-F404」。
コンパクトサイズながら容量4Lのタンクが備わっており、家庭用・スチーム式の中では大容量の部類に
入るモデル。乾燥が気になる季節に突入し、居間でも使えるようなものを買ってくれと家族から要求が
あったので、これを購入。ついでにざっとレビューでもしてみます。

価格.com - YAMAZEN KS-F404(W) [ホワイト] 価格比較
http://kakaku.com/item/K0000703129/






KS-F404_02.jpg


一つ一つ細かく見ていく事にして、まずはパッケージから。加湿器もコンパクトですが、入っている箱も
想像していたより小さかった。これ本当に4Lのサイズなんだろうか?と思ったくらいです。






KS-F404_03.jpg


開封して中身を確認。加湿器本体・電源コード・水アカフィルター(交換用)・取扱説明書(保証書付)
注意書きのある用紙、といった内容物。保証期間は1年間となっています。






KS-F404_04.jpg


続いて加湿器本体を見ていく事に。この「KS-F404」は、加湿タイプ:スチーム式、加湿量:360ml/h(強)
180ml/h(弱)、水タンク容量:4.0L、適用床面積(強):木造約6畳/プレハブ約9畳、コード長:約1.5m
サイズ:幅290x奥行き160x高さ300mm、重量:2.3kg、という仕様。連続使用時間は(弱)で約22時間。
筐体はシンプルなボックス型&ホワイト1色のデザイン。前面はご覧のとおり右に水位窓・操作スイッチ
電源&給水ランプがあり。






KS-F404_05.jpg


側面。左右どちらも特に何かあるわけでもなく。






KS-F404_06.jpg


背面。下部に電源プラグがあるくらい。






KS-F404_07.jpg


上面。左側にスチーム吹出口があり、その中央がアロマポットの形になっている。






KS-F404_08.jpg


底面。4ヶ所に脚となる丸い突起が備わっている、でも滑り止め用のゴムみたいなものはそこにない。
山善の製品をこれまでいくつか買っていますが、このあたりは相変わらず気が利かないなぁ・・・・。






KS-F404_09.jpg


前面に貼られてあるラベル。特徴とスペックが簡潔に記載。言うまでもない事ですが剥がせます。






KS-F404_10.jpg


水位窓はタンクの水がどれくらいなのかわかるようになっていますが、設置場所によっては見づらいかも。






KS-F404_11.jpg


ランプ&操作スイッチ。電源ランプは緑に光り、給水ランプは赤に光る。ちなみに水が切れると自動的に
止まり、給水すると自動的に再稼動する。操作スイッチは電源と強/弱どちらもプッシュ式です。






KS-F404_12.jpg


背面の電源プラグ部。コードはどこかに引っかかっても安全なマグネット着脱タイプ。軽く引っ張るだけで
すぐ抜けます。






KS-F404_13.jpg


上蓋を開けた内部。左側に霧化室ダクト、左側にタンクが備わっている。内部のスペースはタンクが
ほぼ占めている感じ。






KS-F404_14.jpg


霧化室ダクトとタンクを取り外した内部。水アカフィルターは最初からセット済み。水量調節リングや
仕切り板が取り外し可能になっていて、メンテナンスは楽にできそうです。






KS-F404_15.jpg


タンクは底を掴める形状になっている。ただ、水を容量一杯に積むと、この持ち方ではちょっとつらい。






KS-F404_16.jpg


タンクは4Lの割に小ぶりと思える第一印象でしたが、2Lのペットボトルと並べると確かに入りそう。
キャップはくるくる回して外す&取り付けるタイプです。






KS-F404_17.jpg


ついでに本体とも並べてみる。これで4Lは入る事を考えると、十分コンパクトサイズと言えるでしょう。






KS-F404_18.jpg


加湿の性能に関してはスペックどおり印象。(弱)での操作だとほぼ1日つけっぱなしで給水いらずの
長時間稼動。10畳くらいのリビングなら(弱)でも十分対応できそうな感じです。ただしスチーム式らしく
動作音というか沸騰音は(弱)でも割と響くレベル。静かな部屋や寝室での使用には向かないかと。






KS-F404_19.jpg


同社のペットボトルモデル「KP-C053」(AA)も以前購入して使っていますが、性能面は大差ないけれども
容量の差は色々な面で大きく違ってくるなーと思う。ペットボトルは実用から考えてせいぜい1L前後しか
積めませんし、1L前後だと4時間くらいで切れてしまう。要は給水がめんどくさい。それにペットボトルの
サイズが大きいと見栄えもよろしくない。総合的に見るとボックス型の方がやっぱりいいです。






KS-F404_20.jpg


最後にまとめる形で感想を。加湿器としては何がすごいってわけでもないモデルですが、スチーム式で
容量4Lのものは大手メーカー製だと安くて10,000円前後の状況。そこから考えると現在5,000円前後で
買えるこれは非常にお手ごろ感があり。必要十分な出来ですし、気になるところは沸騰音くらいなので
そこを許容できるならオススメの一品です。あと、メンテナンスを怠ると衛生面で心配な超音波式よりも
ぐつぐつ沸騰させて蒸気にするスチーム式の方が、そのあたり神経質にならなくていいですね。







  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09