ワイヤレス・ゲーミングマウスをまとめてみた(~2014/06)

Wireless_Gaming_Mouse_201406_01.jpg


ゲームのジャンルによっては論外と認識されながらも、着実に増えてきているワイヤレス・ゲーミングマウス。
イヤホン・ヘッドホンといった機器と同様に有線よりも優れているのは利便性くらいですが、新モデルが出る
ごとに進化もしてきている。で、今現在どんなラインナップになっているのか気になったので、2010年以降に
発売された該当するものをまとめてみました。見逃しがあるかもしれないので、そこはご了承を。

無線/有線両対応ゲーミングマウス3機の重量を改めて見てみる
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-4263.html






Logicool_G700s_17.jpg
(via JD.com)

まずはその1、2013年4月に発売されたロジクールの「G700s」。
無線/有線両対応でゲームだけでなく一般用としても高い人気を得ていたG700、そのリニューアル版。
新旧の比較では人によって一長一短になっているようですが、今となっては人気を完全に引き継いで
またしばらくは”代表格”の状況が続くでしょうね。

【マウス】ロジクール 『G700s』 レビューチェック
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-3498.html




LOGICOOL【FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア WINDOWS版 推奨】 充電式ゲーミングマウス G700s
ロジクール(2013-04-26)
売り上げランキング: 259





Logicool_G602_34.jpg
(via JD.com)

その2、2013年9月に発売されたロジクールの「G602」。
ロジクールのGシリーズで久々の新型となったワイヤレス・ゲーミングマウス。ワイヤレス共通の弱点でもある
バッテリー時間の短さを、独自のスタミナモード搭載でカバー。こちらも上記と同様に用途問わずの人気ぶり。
むしろロジクールの2機はゲームより一般用として使っている人が多そうな印象でしょうか。

【マウス】ロジクール 『G602』 レビューチェック
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-3662.html




LOGICOOLワイヤレス ゲーミングマウス 最大稼働250時間 G602
ロジクール(2013-09-13)
売り上げランキング: 2095





Mouse-Keyboard1405_02.jpg


その3、2014年5月に発売されたSteelSeriesの「SteelSeries Sensei Wireless」。
SteelSeries最上位のゲーミングマウス・Senseiを無線/有線両対応にしたモデル。ハイエンドクラスの中では
一番軽く、有線モデルに近い重量に抑えているところもポイント。ラインが鮮やかに光るトレイ型の充電ドッグも
特徴的ですが、ほしくても気軽に手が出せる価格ではないですね。

【マウス】SteelSeries 『SteelSeries Sensei Wireless』 画像など
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-4120.html




SteelSeries Sensei Wireless Laser Mouseワイヤレスゲーミングマウス 62250
SteelSeries(2014-05-23)
売り上げランキング: 9660





Wireless_Gaming_Mouse_201406_02.jpg
(via Tukui)

その4、SteelSeriesの「World of Warcraft Wireless MMO Gaming Mouse」。
オンラインゲーム・World of Warcraftとのコラボ製品で、既製品をベースにしていないオリジナルデザインの
ワイヤレスマウス。日本では未発売ですが、並行輸入品は出回っている模様。ちなみにSteelSeriesはWoWと
コラボしたゲーミングマウスを合計3モデル出しています。

SteelSeries - World of Warcraft Wireless MMO Gaming Mouse
http://steelseries.com/products/games/world-of-warcraft/world-of-warcraft-wireless-mmo-gaming-mouse









Razer_Ouroboros_80.jpg


その5、2012年12月に発売されたRazerの「Razer Ouroboros」。
両サイドのパーツ交換やパームレスト部の位置・角度調整が可能な無線/有線両対応のゲーミングマウス。
自分も所持していて性能・機能に不満はないのですが、ハイエンドらしいと言えるバッテリーの短さはやはり
気になりますし、そこの向上がワイヤレス・ゲーミングマウス共通の課題でしょうね。

Razer 『Razer Ouroboros』 レビュー
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2661.html









Wireless_Gaming_Mouse_201406_03.jpg


その6、2011年8月に発売されたRazerの「Razer Mamba 2012」。
Razerの定番ゲーミングマウス・DeathAdderの無線/有線両対応版と言えるモデル。光沢のあるボディは既に
旧型デザインの扱いですし、ベースのDeathAdderはリニューアルされていますし、そろそろこちらも”2015”が
付く形でリニューアル版が出てきてもおかしくない時期です。

Razerの新ハイブリッドマウス『Razer Mamba 2012』を借りてみた
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-1518.html




Razer Mamba 2012ワイヤレスワイヤード ゲーミング マウス 【正規保証品】 RZ01-00120400-R3M1
RAZER(2011-08-19)
売り上げランキング: 24831





Wireless_Gaming_Mouse_201406_04.jpg
(via JD.com)

その7、2011年4月に発売されたRazerの「Razer Naga Epic」。
サイド12ボタンを備えたMMO向けゲーミングマウス・Nagaの無線/有線両対応モデル。こちらも上記同様に
今となっては旧デザインの仕様。それに有線のNagaが完全にモデルチェンジしたので、Epicもそろそろ?

17ボタンマウスのワイヤレスモデル『Razer Naga Epic』
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-1132.html




Razer Naga Epic MMOゲーミング マウス 【正規保証品】 RZ01-00510100-R3A1
RAZER(2011-04-28)
売り上げランキング: 24704





SWTOR-Mouse_17.jpg


その8、2012年2月に発売されたRazerの「Star Wars: The Old Republic Gaming Mouse」。
オンラインゲーム・Star Wars: The Old Republicとのコラボ製品で、上記のNaga Epicをベースにしながらも
デザインは完全オリジナルの無線/有線両対応モデル。丸っこい通常のNagaとは違ってカックカクの形状に
なっており、個人的にはこちらの方が使いやすかったです。

『Star Wars: The Old Republic Gaming Mouse by Razer』 レビュー
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-1963.html









Wireless_Gaming_Mouse_201406_05.jpg
(via JD.com)

その9、Razerの「Razer Orochi 2013」。
”Wired/Wireless Mobile Gaming Mouse”と称した、小型サイズのBluetoothマウス。”2013”が付いてる点で
わかると思いますが、これもリニューアル版。そういえばいまだに日本未発売で、登場してから既に1年以上。
日本正規品は結局出ずじまいの流れでしょうか。

【マウス】Razer 『Razer Orochi 2013』 画像など
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2920.html




【並行輸入品】Razer Orochi Mobile PC Gaming Mouse
Razer
売り上げランキング: 284129





CyborgRAT9_01.jpg
(via overclock.net)

その10、2012年3月に発売されたMad Catzの「Cyborg R.A.T 9」。
メカメカしいゲーミングマウス・R.A.Tシリーズの最上位となるワイヤレスモデル。海外で発表されたのが確か
2010年はじめなので、気づけばもう4年以上前の製品。その間に少しリニューアルされたりカラバリモデルが
出たり、それと今は製品名から”Cyborg”が外されています。

【マウス】Mad Catz 『Cyborg R.A.T 9』 レビューチェック
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-1985.html




[Win8/Mac対応] R.A.T. 9 マウス プレミアム多機能レーザー マットブラック 2.4GHzワイヤレス 長さ、幅、高さ、重さを変えられるトランスフォームメカ搭載
[Win8/Mac対応] R.A.T. 9
posted with あまなつ on 2014.06.20
マッドキャッツ株式会社
売り上げランキング: 154764





Mad_Catz_MOUS9_01.jpg


その11、2013年3月に発売されたMad Catzの「M.O.U.S. 9」。
上記のR.A.Tシリーズをベースにした、ある意味最強のBluetoothマウス。一応ゲーミングマウスの位置付けに
なっていますが、解像度が990dpi固定なので向いているとは言えないでしょう。そこだけがほんと残念です。

Mad Catz 『M.O.U.S. 9』 レビュー
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2955.html




[Win8/Mac対応] M.O.U.S.9 マットブラック (MC-M9E-MB)
マッドキャッツ株式会社
売り上げランキング: 12819





Wireless_Gaming_Mouse_201406_06.jpg
(via JD.com)

その12、2013年3月に発売されたMad Catzの「R.A.T.M」。
上記と同じく一応ゲーミングマウスの位置付けになっている、小型サイズのBluetoothマウス。小さいくせに
解像度が最大6400dpiだったり、合計12ボタンを搭載していたり、パームレスト部の位置調整ができたりと
Mad Catzらしさが出ている一品。

【マウス】Mad Catz 『R.A.T.M』 画像など
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2876.html




[Win8/Mac対応] R.A.T.M ワイヤレスマウス ブラック (MC-RME-BK)
マッドキャッツ株式会社
売り上げランキング:





Perixx_MX-3200_10.jpg
(via JD.com)

その13、2013年10月ごろに発売されたPerixxの「MX-3200」。
比較的割安なマウス・キーボードを色々出しているPerixxの無線/有線両対応ゲーミングマウス①。個性的な
デザイン、LED搭載、充電ドッグ装備、価格は5,000円台、性能にさほどこだわらず外観や機能が好みならば
アリですかね。

個性的な無線/有線両対応のゲーミングマウス『Perixx MX-3200』
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-3557.html




ペリックス MX-3200, レーザーゲーミングマウス - デュアル有線および無線接続 - レーザーセンサーAvago 5040DPI - 再充電可能なドッキングステーション - オムロンマイクロスイッチ - レーザーセンサーAvago 5040DPI
ぺリックス
売り上げランキング:





Perixx_MX-2200_03.jpg
(via JD.com)

その14、2014年4月のごろに発売されたPerixxの「MX-2200」。
Perixxの無線/有線両対応ゲーミングマウス②。こちらはありきたりなデザインですが、充電ドックを装備し
価格は4,000円台で上記より少し安い設定。ちなみに2機とも中国メーカーのFuhlenがOEM元になっている
可能性大です。

Perixxのドック付き無線/有線両対応ゲーミングマウス『MX-2200』
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-4236.html




ペリックス MX-2200, 有線・無線両用ゲーミングマウス - Avago 2000dpi A3050 光学式センサー - 再充電可能なドッキングステーション - デュアルアンテナ採用で快適なワイヤレス環境 - オムロンマイクロスイッチ - ウルトラポーリングレート 1000HZ - ブラック
ぺリックス
売り上げランキング: 148816





Wireless_Gaming_Mouse_201406_07.jpg
(via Iceworld)

その15、2010年7月に発売されたROCCATの「ROCCAT Pyra Wireless」。
今のところROCCAT唯一のワイヤレス・ゲーミングマウスで、有線モデル(Pyra Wired)と同時に登場した
ワイヤレスモデル。先端にUSB端子が備わっていますが、充電用なので電池を抜いて使用する事は不可。
日本では実質廃盤の状況です。

ROCCAT STUDIOS V3.0 - PRODUCTS » Gaming Mice » ROCCAT Pyra Wireless
http://www.roccat.org/Products/Gaming-Mice/ROCCAT-Pyra-Wireless/









M-H1ULBK_M-H2DLBK_13.jpg


その16、2012年1月に発売されたエレコムの「M-H2DLBK」。
無線/有線両対応、オンボードメモリ内蔵、多ボタン装備とエレコムにしては本格的な内容のゲーミングマウス。
といってもオリジナルではないOEM品ですが、評価は悪くなかった一品。エレコムの製品は生産終了の扱いに
なると投売りされる事が多く。これも過去に3,000円を切って販売されていたりしました。

【マウス】エレコム 『M-H2DLBK / M-H1ULBK』 レビューチェック
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2053.html




ELECOM 7ボタンゲーミングマウス 無線/有線両対応 2.4GHz レーザー ブラック M-H2DLBK
エレコム(2012-01-20)
売り上げランキング: 634





Wireless_Gaming_Mouse_201406_08.jpg
(via mobile01)

その17、GIGABYTEの「Aivia M8600」。
日本では現在未発売の無線/有線両対応ゲーミングマウス。充電ドッグと専用バッテリー2個が付属しており
バッテリーはトリガー式で簡単に着脱可能、充電ドッグでバッテリー単体の充電も可能、といった特徴があり。
初期モデルが2011年に発売され、リニューアル版の”V2”が2012年に出ています。

GIGABYTEの無線/有線両対応マウス『Aivia M8600 V2』
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2692.html






Wireless_Gaming_Mouse_201406_09.jpg
(via postants)

その18、GIGABYTEの「Aivia Uranium」。
マウスのステータスを表示するディスプレイが特徴的なワイヤレス・ゲーミングマウス。各設定や割り当ての
変更をこのディスプレイを見ながらできたり、充電&有線使用できる巻取り式ケーブルが備わっているのも
非常にユニーク。今のところ日本未発売ですが、このAiviaシリーズのマウス・キーボードが2013年12月~に
発売されたので、続く形で出る可能性はあるかもしれません。

【マウス】GIGABYTE 『Aivia Uranium』 画像など
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-3613.html






Wireless_Gaming_Mouse_201406_10.jpg
(via JD.com)

その19、Bloody(4TECH)の「Warrior RT5」。
今年5月、内容の濃いマクロや自動補正モードなどをウリに日本進出をはたしたBloodyのゲーミングマウス。
海外では豊富なラインナップになっており、これは複数あるワイヤレスモデルの一つ。日本でも発売される
可能性があるかは、今出ている製品の反響次第でしょうか。

Warrior RT5 - Bloody
http://www.bloody.tw/en/products.php?pid=10&id=25






Level_10_M_Hybrid_White_01.jpg
(via facebook)

その20、Tt eSPORTS(Thermaltake)の「Level 10 M Hybrid」。
BMWグループ・DesignworksUSAがデザインを手がけたゲーミングマウス・Level 10 Mの無線/有線両対応版。
良くも悪くもそっくりそのままワイヤレス化したような外観で、そのあたりはTt eSPORTSらしいというか・・・・。
ホワイトのカラーバリエーションも発表されましたが、このマウスが日本でも発売されるかはまだ不明です。

【マウス】Tt eSPORTS 『Level 10 M Hybrid』 画像など
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-4240.html






Wireless_Gaming_Mouse_201406_12.jpg
(via facebook)

最後その21、Mionixの「CONCEPT PX」。
今はまだプロトタイプが発表された段階で、いつごろ製品化されるのかまったく不明ですが、マウスパッド上で
ワイヤレス充電ができるという非常に斬新なモデル。使用中でも充電が可能なのか、そのあたり明確にされて
いないとはいえ、バッテリー切れの心配をしなくていいという事なら理想的な仕様。この先一番の注目ですね。

Mionix CONCEPT PX
http://mionix.net/concepts/concept-px/




  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09