【マウス】Mad Catz 『R.A.T. TE』 画像など

RAT_TE_01.jpg
(via zol.com)

2014年3月発売予定となっているMad Catzのマウス「R.A.T. TE」。
メカメカしいデザインとギミックが個性的なR.A.T.シリーズ、これはそのイメージを変えてしまうかもしれない
実用性重視を謳う”Tournament Edition”のゲーミングミマウス。ちょっと見てみます。

Mad Catz R.A.T.TE Mouse for PC and Mac
http://store.madcatz.com/categories/mice-category/Mad-Catz-R-A-T-TE-Mouse-for-PC-and-Mac.html






RAT_TE_02.jpg



RAT_TE_03.jpg



RAT_TE_04.jpg



RAT_TE_05.jpg



RAT_TE_06.jpg



RAT_TE_07.jpg



RAT_TE_08.jpg



RAT_TE_09.jpg



RAT_TE_10.jpg


センサー:レーザー(Phillips Doppler-laser)、解像度:25–8200dpi、トラッキング速度:240ips、最大加速度:50G
ポーリングレート:最大1000Hz、サイズ:幅88x奥行き110x高さ35mm、重量:90g(ケーブルなし)、という仕様。
合計10ボタン+プロファイル切替スイッチを装備し、プログラム可能は左クリックを除く9ボタン。左サイドの丸い
ボタンは押している時だけ解像度を変えるAIMボタン、ホイール下のDPI切替ボタンは前後クリック式(4段階)。
どちらも割り当ての変更は可能。リストレスト部はレバーを引く事で前後の位置調整ができる仕組み。

また、ソフトウェアでは25dpi刻みの解像度調整、各ボタンの割り当て、マクロ登録、リフトオフディスタンスの
調整(0.2/0.35/0.5/0.7/1.0mmの5段階)、クリックの振動で発生するマウスのブレを抑えるセンサーダンプ
機能(OFF/LOW/MEDIUM/HIGH)、などの設定が可能。同シリーズの下位モデル「R.A.T. 3」(AA)をベースに
あれこれ強化したような印象ですが、デザイン・ギミックを重視していたマウスが実用性重視に変わった事で
どれくらい受け入れられるのかも注目ですね。「R.A.T. TE」は7,980円で発売開始となっています。




[Win8/Mac対応] Mad Catz R.A.T. TE トーナメントエディション ゲーミングマウス マットブラック 8200dpi 最大秒速6m 超軽量 クリック時の振動をマウスセンサーに感知させないセンサーダンプ機能、リフトオフ・ディスタンス調節機能搭載 (MC-RTE-MB)
マッドキャッツ株式会社
売り上げランキング: 101923



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09