CCP 『LAQULITO CZ-860-E9B』 レビュー ~使用感~

CZ-860-E9B_25.jpg


3月に発売されたCCPの自動ロボット掃除機「LAQULITO CZ-860-E9B」。
エントリークラス・CZ-860シリーズのエディオングループ限定カラーとなるブラック/レッドのモデル。
入手してから何度か使ってみたので、ここでは自分なりの感想を述べていきます。

CCP 『LAQULITO CZ-860-E9B』 レビュー ~外観~
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-3486.html






CZ-860-E9B_26.jpg


自分の部屋は9畳のフローリング。デスクやらベッドやら置いているので、掃除可能な面積は大体6畳くらい。
3つのクリーンモード(スパイラル・ランダム・壁づたい)は選択する事ができず、気のみ気のままの感じで
勝手に切り替わる仕様ですが、バッテリーが切れるまで動かしていれば床面一帯は掃除してくれている。
サイズ的に低めのベット下も問題なく進入しますし、フローリングでは特に気になるところもありません。






CZ-860-E9B_27.jpg


デスク周辺はPCや棚など色々置いていて妙なスペースができていますが、そこはこのコンパクトサイズが
優位に活きる。画像のような狭いところでも小回りが利いて、角に溜まっているホコリもちゃんとかき出して
取ってくれている。コードや軽いボトルのような障害物は、これに限らず引きずったり押し倒したりするので
邪魔なものはあらかじめどけておくのが無難でしょう。






CZ-860-E9B_29.jpg


肝心の掃除具合ですが、初動の結果はご覧のとおり。掃除機をかけていない期間が開いていたとはいえ
思っていた以上にゴミが取れた(ベッド下にホコリが溜まっていたのもありますが)。ホコリ・毛は当然として
小さい虫まで吸っていたのは驚いたというか、掃除を怠ってはいかんなぁ・・・・と反省したり。ただ、何でも
吸い取るわけはなく、紙クリップみたいなものは何度やってもダメだったので、そういうゴミは無理です。






CZ-860-E9B_30.jpg


フローリング以外の場所も試してみましたが、カーペット全般は向いていない印象。タイルカーペットみたいな
平たいタイプでもちょっと厳しい・・・・。フローリングに比べるとブラシの回転が鈍くて、糸くずをスルーしたり。






CZ-860-E9B_31.jpg


ゴワゴワしたカーペットorマットだと全然ダメ。ブラシの毛が束になる形になってしまい、全然かき出してないし
ものすごく非力に見える・・・・。このあたりはエントリーモデルの限界を感じます。






CZ-860-E9B_32.jpg


畳はカーペット系に比べると、まだ使えない事はない印象。フローリングよりもブラシの回転は鈍いですが
実用レベルと言っていいでしょう。






CZ-860-E9B_33.jpg


落下防止感知センサーを搭載しているので、その機能もテスト。デスク上で延々と動かしてみましたが
画像のように前方がちょっと出たくらいで反応→迂回する形になり、落ちる事は一度もありませんでした。
階段から落ちるという心配はなさそうです。






CZ-860-E9B_34.jpg


乗越え段差:0.75cmとなっているのでそれも試してみましたが、段差のタイプによって違ってくるかなと。
硬い材質だと大体数字どおり、やや柔軟な材質だとロボットの向き次第で1cmでも乗り越える可能性あり。
タイルカーペットを2枚重ねて(約1cm)試した場合、正面からだと乗り越えない、斜めからだと乗り越える
という結果に。これが気になるかならないかは環境次第ですね。






CZ-860-E9B_35.jpg


最後にまとめ的な感想を。個人的にはフローリング専用、それ以外の場所ではやめた方がいいと思う
モデルでした。あらゆるところで使おうと考えているのであれば、やはりそれなりに高いモデルじゃないと
対応できないのではないかと。でも10畳以内・フローリングの部屋であれば、これでも十分と思える性能。
条件が合えばコストパフォーマンスは非常に高いと感じるでしょう。自分で掃除機をかけるレベルまでには
至りませんが、出かける際に稼動させておけば床掃除をする事がめっきり減りますから本当に便利です。

ロボット掃除機を導入して他に良かったと思う点は、万遍なく掃除させるために邪魔なものは置かないと
自然に心がけるようになるので、普段から部屋をキレイにしておくという意味では相乗効果が生まれる。
これがまた意識改善になって結構良い。10,000円もしないモデルでこうも変わるとは正直思わなかった。
最近まで興味があっても購入するまではいかない状態でしたから、もらえたのはいいタイミングでした。

この機種に限らずロボット掃除機の欠点になっている一つは維持費。1年くらいが寿命と言われている
バッテリーは、例えるなら低価格プリンターの純正インクなみに高い。そのあたりも考えると寿命がきたら
本体ごと買い替えが可能なこのクラスが自分には妥当かなとも思ったり。生活家電は白系が好みなので
その時がきたらホワイトの「CZ-860-WH」(AA)を買うでしょうね。実売価格はブラック/レッドが現時点で
何気に一番安くなっていますが、入門用としてはこのシリーズ、お世辞抜きでオススメできます。







  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09