ロジクール 『Bluetooth Illuminated Keyboard K810』 レビュー ~外観~

Logicool_K810_01.jpg


2/15に発売予定となっているロジクールのキーボード「Bluetooth Illuminated Keyboard K810」。
Bluetooth機器を3台登録&ワンタッチで切替ができるBluetoothキーを装備。さらにLEDバックライトを
搭載しており、キートップが白く光るBluetoothイルミネートキーボード。ロジクール広報事務局さんから
レビューする機会をいただいたので、ここでは外観を中心に触れていきます。

Logicool Bluetooth Illuminated Keyboard K810
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/bluetooth-illuminated-keyboard-k810






Logicool_K810_02.jpg



Logicool_K810_03.jpg


まずは中身を確認。キーボード・充電用USBケーブル・説明書・保証書、といった内容物。






Logicool_K810_04.jpg



Logicool_K810_05.jpg



Logicool_K810_06.jpg



Logicool_K810_07.jpg



Logicool_K810_08.jpg


パンタグラフ方式・アイソレーション設計のキーボード。 84キー日本語配列、キーピッチ:19mm
キーストローク:2mm、押下圧:60g、対応OS:Windows 7・8・RT/Android 3.0以降/iOS 4.0以降
カラー:ガンメタル/ブラック、サイズ:幅290x奥行き128x高さ14mm、重量:338g、という仕様。
リチウムイオンバッテリー内蔵、電池寿命は1日約2時間/バックライト使用を目安で約10日間。

部屋の照明状態に合わせて自動的に調整されるイルミネーション、キーボードに手を近づけると
バックライトがオン&離すとオフになるモーションセンサー、ゆるやかなカーブがかかっている
独自形状の”Incurveキー”、静かで滑らかなタイピングができる”PerfectStrokeキーシステム”
なども特徴。表面につや消しのアルミニウムを採用している薄型のBluetoothキーボードです。






Logicool_K810_09.jpg



Logicool_K810_10.jpg


キーのレイアウトはWindows 8向け。英語配列の海外モデルを基準に製作されたキーボードなので
通常よりも小さいキーがいくつかあるのは、まぁ仕方のないところでしょうか。デザインを損ねかねない
かな文字を省いているのは好印象。






Logicool_K810_11.jpg


上一列のファンクションキー&メディアキーは左から順に、Bluetoothキー×3、アプリケーションスイッチ
バックライト輝度ダウン、バックライト輝度アップ、再生/一時停止、ミュート、音量ダウン、音量アップ
ホームキー、マルチファンクションキー、という内容。F1~F12キーはFnキー経由になります。






Logicool_K810_12.jpg



Logicool_K810_13.jpg


特徴の一つとなっている”Incurveキー”。カーブがかかっているキートップは指を置いてみると
なるほどな~って思う形状になっています。フラットなタイプより確かに打ちやすい。






Logicool_K810_14.jpg


表面のアルミニウムはガンメタルのカラーリングで高級感があり。






Logicool_K810_15.jpg


右サイドには電源スイッチを装備。






Logicool_K810_16.jpg


背面には充電用の充電用のUSB端子(Micro-USB)を装備。






Logicool_K810_17.jpg


表面の右上はバッテリー状態を表示するインジケータ、その左隣に照明状態を感知するセンサーがあり。
バッテリー残量がほとんどなくなるとインジケータが赤く点滅し、バックライトは強制的にオフになる模様。
充電中は緑で点滅→完了すると消灯。ちなみに充電中でもキーボードは使用可能です。






Logicool_K810_18.jpg


3つのBluetoothキーは青く光る電波マークで、どのキーが作動しているのかわかる仕様。
初期状態は3つとも光ります。






Logicool_K810_19.jpg


とりあえずペアリングを試してみる。①登録したいボタンを押す→②接続したい機器で検索をかける
→③指定されたパスキーをキーボードで入力する→④完了、と誰でも簡単にできるような内容です。






Logicool_K810_20.jpg



Logicool_K810_21.jpg


バックライトの輝度調整はオフ~100%で5段階。暗い部屋で100%の状態だと、それなりに明るい。






Logicool_K810_22.jpg


重量を量ってみると約337g。持ってみても重いとは感じないので、モバイル用としてもいけるでしょう。





Logicool_K810_23.jpg



Logicool_K810_24.jpg



Logicool_K810_25.jpg


2012年11月に発売されたタッチパッド「Wireless Rechargeable Touchpad T650」(AA)と並べてみると
サイズも傾斜もぴったりの組み合わせ。ともにWindows 8の登場に合わせて出してきたものですから
当然と言えば当然の事(日本はK810の発売が遅かった)。無線方式やカラーリングは違いますが
「Apple Wireless Keyboard」+「Magic Trackpad」のWindows版という感じで、なかなかいいですね。






Logicool_K810_26.jpg


まだ届いたばかりの状況ですし、イルミネーションの自動調整やモーションセンサーの仕組みなど
少し触ったくらいでは把握できない部分もあるので、続きはある程度使ってから後日レポートします。
第一印象は・・・・高額なだけあって質感・作りは非常に良い、キータッチからもそれが伝わるような
仕上がり。バッテリー内蔵で実現した薄型デザインも、ポイントが高い一つ。メインのキーボードが
パンタグラフでもOKの人は、機器問わず場所問わずで活用できる万能なモデルかもしれません。

<続き>
ロジクール 『Bluetooth Illuminated Keyboard K810』 レビュー ~使用感~

http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2895.html




ロジクール Bluetooth イルミネート キーボード K810
ロジクール(2013-02-15)
売り上げランキング:



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09