ロジクール 『Gaming Keyboard G105』 レビュー ~外観~

Logicool_G105_01.jpg


2/8に発売予定となっているロジクールのキーボード「Gaming Keyboard G105」。
6つのマクロキーや3つのプロファイル切替キー、そしてキーバックライトを搭載したゲーミングキーボード。
ロジクール広報事務局さんからレビューする機会をいただいたので、ここでは主に外観を触れていきます。

Logicool Gaming Keyboard G105
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/gaming-keyboard-g105






Logicool_G105_02.jpg



Logicool_G105_03.jpg


まずは中身を確認。キーボード本体・取扱説明書・保証書、といった内容物。






Logicool_G105_04.jpg



Logicool_G105_05.jpg



Logicool_G105_06.jpg



Logicool_G105_07.jpg



Logicool_G105_08.jpg



Logicool_G105_09.jpg


メンブレン方式・109キー日本語配列のゲーミングキーボード。キーピッチ:19mm、キーストローク:3.6±0.5mm
押下圧:65±20g、ケーブル長:206cm、サイズ:幅479.5x奥行き190.8x高さ25mm、重量:835g、という仕様。
5キーロールオーバー対応、キーボード上からマクロを登録できるマクロレコードキー、Windowsキーを無効に
するゲームモードキー、といった機能も特徴となっているモデル。

海外では2011年に登場していたモデルですがグローバルに展開されておらず、出回ってるのは今のところ
一部のアジア地域のみ。また、このG105をベースにしたCoD:MW3とのコラボモデルもあったりします。






Logicool_G105_10.jpg



Logicool_G105_11.jpg



Logicool_G105_12.jpg


キーのレイアウトは至って標準的な日本語配列。






Logicool_G105_13.jpg


WASDキー・十字キーは最初から別カラーとなっており、替えのキーがあるわけでもなくこれがデフォルト。
個人的にゲーミングキーボードでかな文字ありの仕様は、どちらかと言えば否定的。なのでゲーム用の
WASDキーにもかな文字が刻んであるのは良い印象ではありませんが、キートップに4文字も入っている
台湾モデルに比べたら、この見栄えはまだマシな方なのかなとも思ったり。






Logicool_G105_14.jpg


キーキャップを外してみると、普通のメンブレンだとわかる構造。






Logicool_G105_15.jpg


左サイドにあるマクロキー”Gキー”は、上一列のキーと同じく少し小さめで横長の形状。






Logicool_G105_16.jpg


左上にはプロファイル切替用の”Mキー”、マクロレコードキーの”MRキー”を装備。






Logicool_G105_17.jpg



Logicool_G105_18.jpg


中央上部には左側にwindowsキーを無効にするゲームモードキーを、右側にLEDの輝度調整をする
バックライトキーを装備。その上の穴は何か意味があるわけでもなく、デザインの一環です。






Logicool_G105_20.jpg



Logicool_G105_19.jpg


F6~F12キーの部分にはFnキー経由でのメディアキーを装備。左から順にミュート・音量・再生/一時停止
停止・曲スキップ、といった内容。






Logicool_G105_21.jpg


右上にはNumLockキーなどのインジケータを装備。






Logicool_G105_22.jpg


キーボードのフレームは梨地加工のような少しザラっとした質感。指紋がほとんど目立たないので
この部分は好印象。






Logicool_G105_23.jpg


裏面は真っ赤なボディ。滑り止めのゴム脚は前方のみなので、ツルツルのデスク面だとズレが気になるかも。
(追記)1日置いておいたらゴム脚のグリップが随分と効くようになったので、ズレる心配はあまりなさそう。






Logicool_G105_24.jpg


フルサイズの割には妙に軽く感じるので量ってみると、ケーブルを除いた実重量は800g前後といったところ。
似たような機能を持つ他社のゲーミングキーボードと比べても軽量ではないかと。






Logicool_G105_25.jpg



Logicool_G105_26.jpg



Logicool_G105_27.jpg


特徴の一つであるキーバックライトのカラーはブルー1色。輝度調整はオフ/50%/100%の3段階。
うまく撮影できていませんが、照明のついた部屋だとブルーというよりもパープル、暗い部屋だと
濃いブルーという色合い。輝度100%でも目に刺さるような明るさではありません。






Logicool_G105_28.jpg


とりあえず今回はここまで。続きはある程度使ってみてから、またレポートします。ちょっと触れてみて
あれっ?と感じた点が一つ。このキーボード、最前列のキー(左Ctrl~右Ctrl)は丸びを帯びた前傾の
形状ですが、それ以降のキー一帯は後ろに倒れている感じの後傾になっており、裏面のスタンドを
立てる事で通常と言えるような角度になります。これがいいのか悪いのか、まだ判断がつかない状況。

あと、察しのいい人は裏面の真っ赤なボディでなんとなく気づいたかも?同じように裏面が真っ赤な
ゲーミングマウス「G300」(AA)と組み合わせるのがベストな形で登場したキーボードがこの「G105」です。

<続き>
ロジクール 『Gaming Keyboard G105』 レビュー ~使用感~

http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2856.html




ロジクール 【Windows8対応】有線キーボード[USB] Logicool Gaming Keyboard G105
ロジクール
売り上げランキング: 5372



  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09