LED搭載・最小クラスのメカニカルキーボード『KBT Pure 60%』

KBT_Pure_60_01.jpg
(via chiphell)

海外で見かけたKBtalKingのキーボード「KBT Pure 60%」。
幅が300mmを切っている最小クラスのメカニカルキーボード。加えてキートップがLEDで光る仕様。
必要最低限まで削ぎ落としたシンプルなデザインが逆に特徴的なモデルになっています。

KBT Pure
http://kbtpure.com/index.php/kbt-pure.html






KBT_Pure_60_02.jpg
(via 鍵談坊)


KBT_Pure_60_03.jpg



KBT_Pure_60_04.jpg



KBT_Pure_60_05.jpg



KBT_Pure_60_06.jpg



KBT_Pure_60_07.jpg



KBT_Pure_60_08.jpg



KBT_Pure_60_09.jpg



KBT_Pure_60_10.jpg


62キー英語配列、6キーロールオーバー対応、サイズ:幅290x奥行き102x高さ38mm、重量:400gのキーボード。
LEDはGaming/Full/Vitalityの3モードで光り、明るさ調整は5段階。LEDのラインナップは3カラー、キースイッチは
今のところLEDのカラーで違う模様(オレンジ:黒軸・赤軸/グリーン:茶軸・赤軸/ブルー:青軸・茶軸・赤軸)。

日本で販売されているLED搭載のメカニカルキーボードは「Razer BlackWidow Ultimate」(AA)など、ゲーマー向けの
大型モデルばかりで、こういうタイプはまだ見かけない状況。特殊な配列は使いこなすのに一苦労ありそうですが
それにしてもコンパクト。公式サイトでの価格は109.99ユーロとなっています。




  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09