【自転車】新仕様の『DOPPELGANGER 211 assaultpack』を買ってみた

01


低価格で奇抜な自転車を多数出しているDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)。
その一つ、20インチの折りたたみ自転車でレーサーエディションバイクと称した
211 assaultpack」が9/8に新たな仕様になったとのこと。数年前から存在している車種で
仕様変更を何回かやっていますが、その新仕様のモデルを入手。ちょっとレビューしてみます。

DOPPELGANGER 211 assaultpack (アサルトパック) 製品ページ
http://www.doppelganger.jp/product/211/






02


というわけで開封。箱にはこんな形で入っています。今回わけありというか代替品での入手。
おそらく中身の確認のために一度開封しているようなので、通常とは梱包がちょっと違うかもしれません。






03


先に付属品を見てみると、シートポスト取付型ワイヤーロック・LEDライト・工具・リフレクター一式
ベル・ストラップバンド・取り扱い説明書などがあり。リフレクターとベルは外したもので
最初から自転車に装着してあります。






04


試走も兼ねて外に持ち出し。公式サイトに「当製品は95%組み立て状態です」とありますが
確かにほぼ完成はしているものの、100%調整が必要になると思います。
固体差はあると思いますが自分の場合、ハンドルの向きやブレーキの効き具合の調整
そして前輪がまっすぐになるように微調整を実施。初期不良と思われる点は特にありませんでした。






05



06



07



08



09


車体の画像は公式サイトにも数多く公開されていますが、実際に見てみると画像よりも
カッコよく見えます。自分で撮影した写真でも同じ事が言えますw






10


ここから各部を見ていきますが、まず今回大きく仕様変更されたハンドステムから。
旧仕様は結構前傾になるような角度がついていましたが、新仕様はその角度が控えめに。
どちらが良いかは好みになると思いますが、旧仕様はステムが曲がっているというクレームが
結構あったようなので、その対策も兼ねて変更したのではないかと。

新仕様は高さが上下8cmほど調整できるようになっています。自分は旧仕様の車体も見ていますが
こちらのステムの方が見栄えは良くなっていますね。






11


ハンドステムの折りたたみはクイックレバーで簡単にできる仕様。






12


ハンドルまわり。ハンドルバーは初期モデルから変わらず、カラーはオレンジで長さは520mm。
グリップも初期モデルはオレンジでしたが、3月の仕様変更で黒×オレンジになっています。






13


今回仕様変更された一つ、シフトレバー。旧仕様のモデルはグリップシフトでしたが
新仕様はトリガータイプでブレーキレバーと一体型になっています。これもナイスな変更点。
グリップシフトよりもこっちの方がギアチェンジはしやすいですね。






14



15


上下8cmほど調整できるハンドルの高さも、クイックレバーで簡単に行える仕様です。






16


仕様変更された最後の一つ、ヘッドマーク。旧仕様はアルミヘッドプレートを貼り付けていましたが
新仕様は画像のとおり。シールではないので剥がれはしません。






18


クランクはアルミ製でチェーンホイールの歯数は52T。
チェーンホイールのカバーみたいなものはプラスチック製です。






19


ペダルは折りたたみ式ではなく通常のタイプ。薄めですがプラスチックのところもあるので
ここらへんは価格相応という感じでしょうか。






20


シートポストはアルミ製で全長400mm。今回唯一ダメ出ししたいところ。
全体的に100円玉のようなギザギザ仕様になっており、上げ下げしていると擦れて傷だらけに・・・
というか取り付けの段階で傷がつくでしょ、これ。折りたたまない人は許容範囲かもしれませんが
ちょっといただけません。






21


サドルは中央が穴あきの仕様。見た目がちょっと太めですが、やわらかくてクッション性があります。






22



23


ホイールはディープリムで、ハブとニップルがオレンジアルマイト仕上げ。
オレンジゴールトというようなカラーです。前輪はディスクブレーキで着脱はクイックレバー式。






24


後輪は真っ黒なVブレーキ。多分調整必須。






27


リアディレーラーはシマノのTourney(ターニー)。低価格の自転車によく使われているもので
ここらも価格相応な装備という感じ。ギアは7段変速です。






25



26


タイヤは20×1.2で20インチの中では細い方に入る部類。KENDA製で前輪はオレンジのラインが
入ってますけど同じ物のようです。20インチは451/406などサイズの種類が色々あるみたいですが
タイヤには”32-406”と明記があります。






28



29


折りたたみは簡単にできますが、きれいにまとめるには固定するバンドが必要になりそうです。
ハンドルにバーエンドが付いていますし、ペダルの通常のタイプなので色々出っ張る感じですが
この自転車用に買った「Raychell 20インチキャリーバック」には問題なく収納できました。






30


組み立て・調整を終えて軽く走ってみましたが、スピードはそこそこ出て、走りも割と軽快なイメージ。
折りたたみ式なので特有の頼りなさというか、フレームががっしりしていないところもありますけど
低価格なところを考えると十分走れる出来にはなっています。価格相応な点も色々ありますが。

一つ注意すべきところは最初の方でも触れましたが、買ったら確実に調整はした方がいいです。
多分マニュアルどおりに組み立てて、その後は細かい点検はせずに梱包しているような感じ。
自転車屋で購入する場合でしたら話は別ですが、通販での取り扱いが主となっているメーカー。
初歩的な整備も自信がないという人には正直オススメできません。

見た目はカッコイイですし、街乗り用としてはこのままの状態でも十分な自転車だと思いますが
距離をそれなりに乗るとなると、パーツの交換をした方がいいと思う点はいくつかあり。
個人的にはシートポスト・サドル・ハンドル・グリップ・タイヤ・ペダルの交換を考え中。
シートポストは短いので長いやつに、サドルは細めのものに、ハンドルは黒でこれより少し短く
グリップはエルゴノミック仕様のものに、タイヤはできればもう少し細いものを、そんな感じです。

DOPPELGANGERの自転車は通販だと価格変動が結構あり、買い時が難しいところもありますが
「211 assaultpack」は大体30,000円以内の価格で販売されています。絶賛はしませんけど
自分はとりあえず満足してます。最後にもう一つ注意点を言うと、新仕様のモデルが出ても
店によっては旧仕様のモデルを売っている場合があるので、確認できるならした方がいいでしょう。


<続き>
【自転車】DOPPELGANGER『211 assaultpack』を黒くする(パーツ交換)

http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-1614.html







  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09