- ヘッドホン -

Philips、ハイレゾ対応になったDJモニターヘッドホン『SHL3565BK』

SHL3565BK_01.jpg


海外で見かけたPhilipsのヘッドホン「SHL3565BK」。
現時点で日本未発売のDJモニターヘッドホン。海外では2015年半ばに発売されていたもので、その当時の製品はハイレゾに関して何も記載されていませんでしたが、ハイレゾ対応になったリニューアル版が最近出たようです。

Headphones with mic SHL3565BK/27 | Philips
https://www.usa.philips.com/c-p/SHL3565BK_27/headphones-with-mic



続きを読む >>

Corsair、LED/USB/3.5mm搭載のヘッドホンスタンド『ST100 RGB』

ST100_RGB_01.jpg


海外で見かけたCorsairのスタンド「ST100 RGB」。
LEDライティング機能を搭載したヘッドホンスタンドといえばRazerの「Razer Base Station Chroma」が第一号でしたが、Corsairも続く形で出す模様。こちらはロゴも発光したり3.5mm入力端子も備わっていて、より多機能な内容です。

ST100 RGB PREMIUM HEADSET STAND
http://www.corsair.com/ja-jp/landing/st100-rgb-headset-stand



続きを読む >>

【スタンド】Razer 『Razer Base Station Chroma』 画像など

Razer_Base_Station_Chroma_01.jpg


海外で発売されているRazerのスタンド「Razer Base Station Chroma」。
Razerのヘッドホンスタンドといえば「Razer Headphone Stand」を2年くらい前にリリースしていますが、これはそれをベースにLEDライティング機能の”Chroma”やUSBハブを搭載したRazerらしいとも言えるモデル。ちょっと見てみます。

Razer Base Station Chroma - Headset Stand
https://www.razerzone.com/gaming-accessories/razer-base-station-chroma



続きを読む >>

【ヘッドホン】パイオニア 『SE-MONITOR5』 レビューチェック

SE-MONITOR5_01.jpg


2017年5月に発売されたパイオニアのヘッドホン「SE-MONITOR5」。
同社のフラッグシップモデル「SE-MASTER1」の技術を継承したと謳っている密閉型/アラウンドイヤー型のヘッドホン。そのMASTER1に比べると安いわけではないけれども価格は半分以下のものですが、ちょっとチェックしてみます。

SE-MONITOR5 | HEADPHONE | Pioneer
http://pioneer-headphones.com/japanese/se-monitor5/



続きを読む >>

【ヘッドホン】パイオニア 『SE-MHR5』 レビューチェック

SE-MHR5_01.jpg


2016年2月に発売されたパイオニアのヘッドホン「SE-MHR5」。
7 - 50,000Hzの広帯域再生を実現した密閉型/オンイヤー型のヘッドホンで、2.5mm/4極バランス接続用のケーブルが付属しているのも特徴のモデル。発売当初に比べると結構安くなっているようですが、ちょっとチェックしてみます。

SE-MHR5 | PREMIUM SOUND | Pioneer
http://pioneer-headphones.com/japanese/premiumsound/se-mhr5.html



続きを読む >>

【ヘッドホン】パイオニア 『SE-MASTER1』 レビューチェック

SE-MASTER1_01.jpg


2015年5月に発売されたパイオニアのヘッドホン「SE-MASTER1」。
開発期間に6年以上を費やし、日本国内の熟練マイスターによるハンドメイドも謳い文句としている、同社製品でフラッグシップモデルとなるオープンエア型ヘッドホン。価格は相応に高いものとなっていますが、ちょっとチェックしてみます。

SE-MASTER1 | Pioneer
http://pioneer-headphones.com/japanese/se-master1/



続きを読む >>

【ヘッドホン】パナソニック 『RP-HD7』 レビューチェック

RP-HD7_01.jpg


2016年6月に発売されたパナソニックのヘッドホン「RP-HD7」。
超多層フィルム(MLF)振動板を採用した40mm径HDドライバーや、ガーリッシュなデザインを特徴としたハイレゾ対応ヘッドホン。型番的には「RP-HD10」の下位であり「RP-HD5」の上位であるモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

RP-HD7 | ヘッドホン/インサイドホン | Panasonic
http://panasonic.jp/headphone/hd7/



続きを読む >>

【ヘッドホン】AKG 『K812』 レビューチェック

AKG_K812_01.jpg


2014年2月に発売されたAKGのヘッドホン「K812」。
同社製品で最大サイズとなる53mm径ドライバーを搭載したオープンエアー/アラウンドイヤータイプのヘッドホン。発売から3年以上経っており、その間に密閉型バージョンの「K872」も登場しましたが、フラッグシップの位置付けは今でも変わっていないモデル。ちょっとチェックしてみます。

K812 | オープンエアー型ヘッドホン | AKG by HARMAN
http://akg.harman-japan.co.jp/product.php?id=k812



続きを読む >>

【ヘッドホン】AKG 『K872』 レビューチェック

AKG_K872_01.jpg


2016年10月に発売されたAKGのヘッドホン「K872」。
同社製品で最大となる53mm径ドライバーを搭載した密閉型/アラウンドイヤータイプのヘッドホンで、その他にも最上位の技術を採用しているフラッグシップモデル。ちょっとチェックしてみます。

K872 | 密閉型ヘッドホン | AKG by HARMAN
http://akg.harman-japan.co.jp/product.php?id=k872



続きを読む >>

【ヘッドホン】FOSTEX 『T50RPmk3n』 レビューチェック

T50RPmk3n_01.jpg


2015年9月に発売されたFOSTEXのヘッドホン「T50RPmk3n」。
独自開発のRP振動板(平面振動板)を搭載したセミオープン型のヘッドホンで、”mk3”の名のとおり同シリーズでは三代目となるモデル。実質マイナーチェンジ版の後継機が既に登場している状況ですが、ちょっとチェックしてみます。

T50RPmk3n | FOSTEX(フォステクス)
http://www.fostex.jp/products/t50rpmk3n/



続きを読む >>
  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09