- キーボード -

ROCCAT、フレームレス・メカニカルキーボードのRGB仕様モデル『Suora FX』

Suora_FX_01.jpg


海外で見かけたROCCATのキーボード「Suora FX」。
フレームレスのスリムデザインを特徴としたゲーミング・メカニカルキーボード「Suora」は日本でも発売されていますが、これはそれにフルカラーのキーバックライトを搭載したRGB仕様モデルです。

ROCCAT Suora FX
http://www.roccat.org/ja-JP/Products/Gaming-Keyboards/Suora-Series/Suora-FX/



続きを読む >>

2016年11月に発売されたマウス・キーボードを見てみる

Mouse-Keyboard1611_01.jpg


月単位で見ても各社から様々な機種が出ているマウスとキーボード。発売されたもの全てを取り上げるのは無理ですが、個人的に気になった新製品をちょっとピックアップしてみます。今月は来月上旬に注目機のリリースが集中したので控えめ・・・・いや、数自体はそれなりに出ています。

2016年10月に発売されたマウス・キーボードを見てみる
http://watchmono.com/blog-entry-6925.html



続きを読む >>

Tt eSPORTS、新型のゲーミング・メカニカルキーボード『MEKA PRO』

MEKA_PRO_01.jpg


海外で見かけたTt eSPORTSのキーボード「MEKA PRO」。
Poseidon Z RGB」など最近のメカニカルキーボードはPoseidonシリーズをメインにしていたTt eSPORTSですが、これはかつてのメインだったMEKAシリーズ名義の新型モデル。多数のファンクションキー”QUICK FUNCTION HOT KEYS”を特徴としたフルサイズです。

Tt eSPORTS - MEKA PRO
http://www.ttesports.com/Keyboard/243/MEKA_PRO/productPage.htm?a=a&g=ftr



続きを読む >>

ロジクール 『K375s』 レビュー ~使用感~

Logicool_K375s_24.jpg


2016年11月に発売されたロジクールのキーボード「K375s」。
2つの通信方式に対応(Unifying/Bluetooth)&Easy-Switchボタン搭載を主な特徴としたワイヤレスキーボードで、スマートフォン/タブレットスタンドも付属しているマルチデバイス対応モデル。ある程度使ってみてどういうものなのか大体把握できたので、今回はレビューを完結させる形で使用感について触れていきます。

ロジクール 『K375s』 レビュー ~外観・構造~
http://watchmono.com/blog-entry-6991.html



続きを読む >>

【テンキー】Ducky Channel 『Ducky Pocket』 画像など

Ducky_Pocket_07.jpg


海外で見かけたDucky Channelのテンキーパッド「Ducky Pocket」。
Cherry MX RGBのキースイッチ採用でフルカラーのキーバックライト搭載、さらにLCDディスプレイも備わっていて電卓としても使えるという前代未聞のRGB仕様メカニカルテンキー電卓。製品化の目処が立ったのか限定モデルと思われるものが既に出回っているようですが、ちょっと見てみます。

DuckyChannel International Co., Ltd.
http://www.duckychannel.com.tw/



続きを読む >>

G.Skillのメカニカルキーボード『RIPJAWS KM570』のCherry MX Speedモデル

KM570_MX-Speed_01.jpg


海外で発売されているG.Skillのキーボード「RIPJAWS KM570」。
主力製品のPCパーツだけでなくゲーミングデバイスも展開するようになったG.Skillのスタンダードなメカニカルキーボード。以前見かけた時のラインナップは赤軸・青軸・茶軸の3種でしたが、いつの間にかCherry MX Speed(銀軸)もリリースしていたようです。

G.Skillのスタンダードなメカニカルキーボード『RIPJAWS KM570』
http://watchmono.com/blog-entry-6614.html



続きを読む >>

Xiaomiのメカニカルキーボード『Yuemi Mechanical Keyboard』

Yuemi_Mechanical_Keyboard_01.jpg


海外で見かけたXiaomiのキーボード「Yuemi Mechanical Keyboard (MK01)」。
ありとあらゆる製品を輩出している中国メーカーのXiaomiが今度はメカニカルキーボードをリリースした模様。上記のとおり英語の製品名でグローバルサイトにも掲載されている、ホワイト×シルバーのシンプルなテンキーレスモデルです。

Xiaomi Yuemi Mechanical Keyboard White | xiaomi-mi.com
http://xiaomi-mi.com/accessories-for-laptops/xiaomi-yuemi-mechanical-keyboard-white/



続きを読む >>

Xenics、竹製のキーボード用パームレスト『XPAM』

XPAM_01.jpg


海外で見かけたXenicsのパームレスト「XPAM」。
韓国でPC周辺機器の製品展開やTESORO・AKRACINGなどの製品を取り扱っているXenicsの竹製パームレスト。この類は木製なら日本でもいくつか見かけますが、竹製を製品化したのはおそらくこれが初です。

Xenics - XPAM
http://www.xenics.co.kr/shop/goods/goods_view.php?goodsno=393&category=009



続きを読む >>

お前等のメカニカルキーボード見せろよ(海外)Part.84

Mechanical_Keyboard84_01.jpg



カチカチッとしたキータッチが特徴のメカニカルキーボード。ここ最近はキースイッチがCherry MXやkailhだけでなく色々なメーカーのものが出てきており、さらには以前だと考えられないような低価格の製品も登場したりと、あらゆる面で多種多彩になりつつある状況。キーボードファンのやり取りも日々活発に行われていますが、そのような人たちが集まるフォーラムサイトで、2016年10~11月に投稿されていた画像100枚をちょっと見てみます。(RealforceやHHKB Proなどの静電容量無接点方式も含みます)

お前等のメカニカルキーボード見せろよ(海外)Part.83
http://watchmono.com/blog-entry-6964.html



続きを読む >>

LEOPOLD、98キー/特殊サイズの静電容量無接点方式キーボード『FC980C』

FC980C_01.jpg


海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC980C」。
98キーの特殊サイズなメカニカルキーボード「FC980M」を9月ごろにリリースしていたLEOPOLDですが、これは同型の静電容量無接点方式モデル。拠点の韓国では出回りはじめたようです。

FC980C
http://www.leopold.co.kr/?doc=cart/item.php&it_id=1479442741



続きを読む >>
  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09